高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当は約1ヶ月先が1年目なのですが、諸事情により本日我が家の1年点検をしてもらいました。

1年点検って、何をするんだろう?
色々家の中を確認されるのかしら?
新築から久しぶりに目にされると汚れが目立つんだろうなあ。

と、ここ数日、ちょっとがんばって掃除しました。
換気システムのフィルターを掃除したり、梁の上の埃を払ったり。
がしかし、窓拭きもできずに当日を迎えました。
(一番気になっていたのに、気が進まなくて怠けてたら最後に時間がなくなりました。)

約束の時間の10分前になって、
「あ、HPを見れば、1年点検でどんなことをするのか書いてあったかも?!でも、もう間に合わん!」
と思ったり。

久しぶりに建設会社の担当者さんにお会いして、点検では何をするのかを訊ねました。

担「お話を聞くくらいのものですよ。エコキュートや換気システムのメンテナンス方法を確認しつつ、一緒にやってみるのと。僕が色々みたら嫌でしょう?」
私「どこまで掃除すればいいんだろう?って思ってました。あまりできなかったけど。」
担「僕が『ここ汚いからもっと掃除したほうがいいですよ』なんてチェックするはずないじゃないですか~。」
私「いや、いろいろ見られる時に汚れが見えるかな、と。」

ということで、フィルターの掃除も、梁の掃除も、不要でした。いや、不要ではないですよね。掃除は必要だ。ただ、今日に備えては、不要だったということがわかりました。
また、建設会社のHPには1年点検でどんなことをするのかは書かれていませんでした。きっと、家それぞれで点検する必要がある場所というのは違うのでしょうね。


室内の薪棚に潜むテッポウ虫は、家を食べるのか聞きました。
がぁん。
食べるそうです。
我が家はパイン材なのですが、あまり強いものではないので食べます、と。
ただし、薪からわざわざ出てきて家を食べるかどうかということになると、
「虫にとっては薪のほうが美味しいでしょう。」
とのことでした。

そしてこんなアドバイスをもらいました。
「どんどん薪ストーブを焚くようになったら、薪の消費量が増えるから、長期間室内に保存する木はなくなるでしょう。しかし、今のように焚かない日が続いたり、焚いてもほんの少量だと、長期間同じ薪が室内にあることになるので、あまり沢山薪を室内に持ち込まないほうが良いでしょう。」

今は薪棚の下にコーヒーの麻袋を敷いているだけですが、後ろや横にも麻袋でカバーを作ろうかなぁ。
そんなの意味あるかしら?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。