高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13日(土)に、薪ストーブのメンテナンス講習会に行きました。
我が家の薪ストーブを設置してもらった福山市の小畠さんでありました。

小畠さんで薪ストーブを購入したオーナー向けで、事前予約は必要でしたが、無料の講習会でした。無料とは言っても、とっても充実した内容で、大満足で帰ってきました。

■図面の用意
顧客ごとに薪ストーブの設置図面が印刷されていて、受付で受け取りました。メンテナンス方法を質問するときにも、図面を見てもらえば話が速く、これがとっても助かりました。たくさんの参加者だったので準備が大変だったと思います。ありがたいことです。

■昼ごはんの用意
午前中に薪ストーブのメンテナンス講習、昼過ぎは煙突掃除の講習に参加しました。お昼は鳥飯のお結びと豚汁が用意されていてとてもおいしかったです。これも無料でいただきました。

■メンテナンスの疑問&不安の解決
これが一番の収穫でした。
メンテナンス講習会前に予習?しようと、我が家の煙突掃除を先週していました。

ちなみに我が家の薪ストーブはこれです。
バーモントキャスティングス
Encore Everburn


ストーブ夏仕様


煙突はまっすぐ天井まで伸びています。
煙突掃除なので、煙突を一部分はずそうとしたら、外れません。上下にスライドする部分があり、ストーブ一番近くには10センチくらいの短い管もあったので、
「この短いのを先にはずせば、上下にスライドするところもはずせるに違いない!」
と思ったのですが上下に動くだけで外れませんでした。
斜めにしてはずそうとすると煙突の上の方から不穏なギシギシいう音が。
仕方ないので、上下にスライドするところを夫が手で支えて煙突掃除を始めました。が、支えておくのも大変なので、途中からガムテープで留めてやりました。
ストーブ付属のマニュアルを見ても「煙突掃除の方法は設置方法によって違います」とあるだけで、役に立ちません。


この度講習会で
「上下にスライドする部分は外れません。ガムテープで留めておきましょう」
と説明がありました。
「本当は煙突、外れるんじゃないのか?」
とモヤモヤしていたのがすっきり解決です。


煙突掃除後の煤の量についても聞きました。
煙突掃除は最低シーズン一回。薪が湿っていたり、針葉樹が多い場合はより頻繁に。
と一般的に言われています。
けれども我が家の薪は乾燥不足でした。でもそれしかないので燃やしちゃっていました。

煙突掃除をシーズン中にしたほうがいいのかしら、と不安に思いながらも、煙突の中は見えないし、いつが煙突掃除のリミットなのか初心者の我が家にはわかりませんでした。
コンコンと煙突をたたいてみて、鈍い音になったら、というのも聞きましたが、たたいてみても情けないことに鈍い音なのかどうかわからない。
なので、煙突掃除して出た煤の量がどのくらいまでならよし、なのか聞いてみました。
ボウルいっぱいくらいならいいんじゃないか
とのことでした。
ほっ。
ぎりぎりそのくらいでした。


煙突掃除の後は二次燃焼室という、ストーブ内部の掃除です。煙突をはずした部分から掃除機のホースを突っ込んで灰を吸い取ります。(掃除機に接続する専用ホースがストーブについていました。)

ここまでの作業はほとんどワタシがメインでやりました。
オットは煙突を支えたり、部品を手渡してくれたり。

掃除機で灰を吸っている時、
「こっちからのほうがやりやすいよ。やろうか?」
とオットがいうので、シブシブ渡しました。
(ワタシは自分でやるのが楽しかったので、渡したくなかったけれど、オットもやりたいのかな、と。)
すると、渡した途端、すごい勢いでガンガン吸い口を打ち付けました。
「ああ、そんなにガンガンやって大丈夫?鉄がたわんでるよ」
と言おうとしたときにはオットが
「あっ」
と作業を中止しました。

がぁん。

ワタシが見てたのとは反対側にバキッとひびが入ってます。
二次燃焼室の部品はやわらかかったのでした。

薪ストーブ破損


がぁん。
これって、部品交換?
まだ1年しか使ってないのに~。
高いかも?
びくびく。
脳内を駆け巡るマイナス思考。
どんより。

そうだ、メンテナンス講習会のとき写真を見てもらう!

講習会終了後、メーカーの講師さんに写真を見てもらいました。
結果は、そのままでよし、だそうです。
よかった~。
二次燃焼室の大事な部分ではないので、少々欠けてても大丈夫とのことでした。ほっ。


今回事前に煙突掃除の予習をして行ったことで、そこで生まれた疑問・不安を講習会で解決してもらうことができました。
その点は良かったです。
でも、講習会を聞いてから煙突掃除をしたならば、事前にこんなアドバイスをもらえました。
・煙突は外れません。ガムテープで留めます
・二次燃焼室はやわらかい
どっちが良かったんでしょうね~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。