高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小畠さんに薪ストーブのメンテナンスをしてもらった時の様子です。
来年の自分達のためにも記録を残しておかねば。


バーモンドキャスティングスのアンコールエヴァーバーンという触媒の無い薪ストーブを使っています。




室内でのメンテナンスが終わって、今度は屋根の上の煙突を見てもらうことになりました。

本当は朝から雨と強風で
「今日は外の煙突はだめだな。」
とあきらめていました。

ところが、室内が終わった頃には雨も止み、風もなくなっていました。

「ぼく、晴れ男なんです。社長は雨男ですけどね」
ですって。

ということで、めでたく屋根に。


角トップの天板をドリルで外したところで

「これはっ! 煙突内火災、起こしてますよ。」

我が家の煙突は、丸い煙突の周りに四角く囲ってあります。
その丸い煙突の周りにクレオソートというのかな?煤がどっさり溜まっていたそうです。

薪ストーブメンテ_煙突

十能(じゅうのう:小さいスコップ)を使ってザックザックと取ってもらいました。


薪ストーブメンテ_煙突火災の証拠

なんとこんなに。
はっきりとはおっしゃらなかったけれど
こんなにたっぷりなのは過去に例がなさそうでした。


残念ながら下から移した写真しかありません。
本当はオットが一緒に屋根に上っていましたが
上るのがとっても怖かったらしく、とてもカメラを取りに降りる余裕がなかったみたい。

煙突内火災が起きた時に吹き上げられた煤が煙突の周囲に降り積もっていたようです。
断熱がされているから煙突内火災が起きても我が家が火事になることはすぐにはないようですが
今度はこの降り積もった煤に引火すると木部に熱が伝わって
低温炭化による火災の原因になるそうです。

つまり我が家は火災の一歩手前だったわけです。
こっわ~。

あなたが晴れ男でよかった。
我が家の恩人です。








ところで、この煙突内火災、いつ起こったのかはわかりません。

煙突内火災の原因は煙突内の煤です。
煤の原因は
・乾燥が十分でない薪を焚く
・空気の絞りすぎで不完全燃焼を起こした
などが考えられます。
(他にも本当はあるけれど、我が家で考えられるのはこの二つかな)



1年目の薪は乾燥が不十分でした。
燃やしてるとジュージューいうくらい。
2年目からの薪は乾燥していると思います。



でも、煙突内火災は今年だと思う。

今年は薪ストーブの2次燃焼の調子が悪かった。

我が家のは2次燃焼に切り替えると、それまで勢い良く燃えていた炎が
ほとんど見えなくなる機種です。

ところが今年は2次燃焼に切り替えても炎の勢いが変わらずボーボー燃えていました。
そうすると燃焼温度が上がりすぎるので
炉内に取りこむ空気を絞って対応していました。

絞りすぎで何度かバックドラフトも起こしました。
ストーブの上には沢山鍋やヤカンをおいていたのでそれが重りになったのでしょう
天板が持ち上がることはありませんでした。
けれどもバフッという音がして、前の扉の隙間などから煙がじわ~っと出てきました。

そんな状態だったから、煤が例年よりたくさん溜まったのではないかと思います。
室内から煙突掃除してもらった時にはあまり煤が出ませんでした。
でもそれは、煙突内火災で燃えて少なくなったから、みたいです。



それではなぜ、今年は2次燃焼が不調だったのか?

はっきりとした理由はわかりません。

2次燃焼室下部に灰が溜まって、2次燃焼室への空気の流れが妨げられていたのか。
灰受けや前のドアの閉まりが悪くなっていたので空気が入りすぎていたのか。

ん~。

2次燃焼に切り替えてもボーボー燃え続けるということは
切り替え部分のパッキンが劣化して、煙突にどんどん空気が抜けているのかと思っていましたが
このパッキンはまだ大丈夫。
取りかえるのはもったいないと言われちゃいました。


原因はわからないけれど
今シーズン「2次燃焼が不調だ」と夫婦で騒ぎながらも
プロに調子をみてもらわなかったのが一番の敗因かもしれません。



しっかりメンテナンスしていただいたので
来シーズン焚くのが楽しみです。

薪ストーブメンテ_完成




おまけ
薪ストーブメンテ_おまけ
高い所に上って嬉しいオット。
スポンサーサイト

コメント

なんとまあ!!

煙突内火災とは、ほんとにあけてビックリですね。

今回の日記は主人にも『ちょっと見てみて!』って言いました。

薪は十分乾かさないといけないって分かってはいるもののついつい、、、うちも気をつけます!

それとやはり調子が良くなかったら、プロにすぐに相談すべきですね。

ご主人、高い我が家の屋根の上で何を思われたのでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。