高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小畠さんに薪ストーブのメンテナンスをしてもらった時の様子です。
来年の自分達のためにも記録を残しておかねば。

バーモンドキャスティングスのアンコールエバーバーンという触媒の無い薪ストーブを使っています。



まずは、炉内の灰を巨大掃除機で吸引。
その後、こびりついた灰もドライバーやスチールの刷毛で取り除きます。
灰は湿気を吸うので、梅雨時期など炉内がサビてしまうもとになるそうです。

薪ストーブメンテ_灰はとるべし

燃えたての灰はふわふわですが、シーズン中ずっと堆積しているうちに
湿気を吸って固まってしまっているところがあります。
今まではビクビクしながらつついていましたが、ガリガリやっていいみたい。
灰なら濡らしたら柔らかくなるかと思いましたが
サビの元になるので水気は厳禁です。

今回改めて検索したら「夏の間は灰は取る」という情報が沢山見つかりましたが
以前読んだブログでは「灰によって炉内のサビを防ぐ」と書かれていたので
灰は残しているほうがいいのかなあと思っていました。

考えれば、ブログは個人が自由に書かれているものなので
それがいくら「薪ストーブ通」に見える人だからって全てが正しいとは限りませんよね。


ワタシも勘違いのウソを世間様にばら撒くかもしれないので気をつけねば。
小畠様、みなさま、不適切なことがあれば教えてくださいませね。




作業の時に、小畠の方はビニールの手袋をされていました。
軍手をするときはビニールの上に重ねて。
軍手だけでは、指先が真っ黒になってしまうので、ということでした。

ワタシもこれは草取りの時に実践中。
ハンドクリームをつけて、使い捨てビニール手袋をして、軍手をして。
汗でずるずるになりますが、指先は守られます。
そして草取り後の手はしっとりすべすべ♪




炉内の底の鉄板(上の写真でガリガリしてたやつ)を外すと
2次燃焼室の下部分を引き出すことができます。

薪ストーブメンテ_2次燃焼室下部

両側を手で持ってずるずると引き出すだけ。
ただし、やわらかい素材なので注意が必要とのことでした。

写真を取り忘れたのですが
この部品を外したら、この部品の底についていた石綿みたいな?蓋が破れて外れてしまいました。

自分達だけでやっていたらそれだけでもう右往左往しそうです。

でも、これは部品を動かすときにとても破れ易いけれど
破れたらかといって部品交換するほどではないので
気にせずそのまま戻して良いとのことでした。

小さな空気穴がある部品なので、灰が詰まっていないか
しっかり掃除します。

表、裏ときれいにし、
部品を外した後の場所の灰も取り除いたら
元にもどされました。

実は今シーズン、我が家の薪ストーブは2次燃焼が不調でした。
その原因はどれ、とはっきり特定はできないけれど
この部品の下に灰が溜まっていると、空気の流れが悪くなるとのことでした。




長くなりました。
でも、メンテナンスは始まったばかり^^;
次回に続きます。
スポンサーサイト

コメント

灰はやっぱりキレイにとったほうがいいんですね。

そういえば、我が家はまだそのままだった!やばい!やばい!

使い捨て手袋に軍手!(女性の場合は?!ハンドクリームを忘れずに!?)

めっちゃ勉強になりますわ(笑)

やはりプロにやってもらうと細かいところまでわかるし、いいですね。

さらに続きがたのしみです♪

>春夏秋さま

そうなんですって。夏は灰は無しで。
煙突掃除は秋にするのでも
梅雨だから炉内の掃除だけは先にした方がよいみたいです。

プロの方には当たり前でわざわざ伝授するほどでないと思われることでも
へぇ〜ってことが沢山ありました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。