高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NYではもちろん、メトロポリタン美術館にも行きました。
午前中から入って、館内でお昼を食べて、午後もしっかり見学しました。

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館はとにかく広くて、疲れました。
この夏の旅ではとにかく沢山歩きましたがメトロポリタン美術館がダントツです。
コドモタチも「メトロポリタン美術館が一番しんどかった」と口をそろえます^^;
どんなに広いって、こんな感じ。

とにかく広いし、順路の矢印なんてないので
隣り合っているどの部屋を見て、どの部屋を見てないのか、すっかり混乱するし
全く足を踏み入れることが出来なかったジャンルもたくさんありました。

「美術の教科書で見たような・・・」
と思うと四角い部屋を丸く見るのは惜しい気がして(最後の頃は丸く見ましたけどね)
とにかく歩きました。

コドモタチも、図工の教科書に載っている絵を見つけて
知っている絵の本物と言うのはやはり嬉しいらしく
一緒に記念撮影をしてました。
(フラッシュなしなら撮影OK♪)



ワタシが面白かったのは日本の武具甲冑コーナー。
美術品としては、日本の博物館に展示されているものの方がずっと
格上という気がしましたが、
一つ一つの展示品の説明(英語)が面白い!

獅子の絵にlion danceってありました。
確かに、ライオンが踊っている、かな?



展示作品の模写をしている人達を見ました。
メトロポリタン美術館写生
イーゼルを立てて模写するのは、自由にはできないはずなので
美術館が主催するイベントなのでしょうね。
皆さんすごく上手で、本物そっくりでした。
模写の周りは人だかりが出来ていたので模写中の絵が、一番鑑賞されていたかも^^;





このメトロポリタン美術館の入場料金は大人1人20ドルですが、
これは「希望金額」なのです。

誰の希望かというと、美術館を運営する方の、希望。
だから払うのは1ドルでもOKだそうです。

ということで、チケット売り場ではこちらが人数を伝えると
「いくら払いますか?」(もう少し丁寧な言い回しだったかも)
って聞かれました。

入場料が設定されていなくて、寄付を募っているロンドンの大英博物館と通じるところがありますよね。





ところで、メトロポリタン美術館って行ったことないのにその名に親近感を覚えると思ったら
大貫妙子さんの「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」だ!
スポンサーサイト

コメント

びっくりすることばかり

まず、「高野便り」のタイトルと1枚目の写真。
開いてびっくり。ありゃ?違うブログに来ちゃった?って。

で、写真もOK?
で、入館料が希望金額?
おもしろいなぁ。

気に入った美術館や博物館って1日じゃ観れませんよね。
2dayパスとか3dayパスが欲しいくらい。
大阪の民博がそうでした。
MoMAもメトロポリタンも行ってみた〜い!

私は

メトロポリタン美術館には行った事ありませんが、アメリカって各都市に驚くほど大きな美術館がありますよね。
日本にも各地にありますが、規模は比べものにならないと思います。
日本では何にしても「民営化」とか「赤字補填」とか、せちがらい話がつきまとうんですよね。
その点アメリカは懐が深い!

そりゃもう、

世界最大級の美術館だから、足がだるくなるのも無理からぬことでして・・・。じっくり見て回ろうものなら、1週間くらいかかるんじゃない?

日本の美術も充実してますよね。今、Art of the Samuraiやってるようです。

私がMetでいちばん好きだった空間はデンドゥール神殿。復元ではなく、本物が水没しそうなところをアメリカが援助してその難を免れて、感謝の気持ちとしてアメリカに贈ったとかいう、とんでもなく本物の神殿。

これこれ。http://www.metmuseum.org/visit/while_here/

確かまわりに水が張ってあったと思うのだけど、ここでボケーっとするのが何とも至福のひと時だったなあ・・・。


ああ、やっぱり行きたい、ニューヨーク!!!

>おちのさま

メトロポリタン美術館は60ドルで1年間というプランもありました。
向こうに住んでいるなら会員となって
気がむいたときに行く、なんてのもいいですよね〜。
うっとり。

>kouyouさま

そうですよね!
日本では指定管理者制度とか民営化とかそこら中で言われますもんね。
やっぱり美術館もそうなのかしら?

「希望金額」としていて、入場料だけでどのくらい経費が賄えているのか
知りたいところですね。

>たかみんさま

デンドゥール神殿見ました〜!
(あ〜、よかった。たかみんさんの一番のお気に入りを見逃していたら残念この上ないところでした)

でも、そんな逸話は全く知らず
周囲にあった像(スフィンクス風の顔立ち)の隣で
像のまねっこをして写真をとるおバカ夫婦なのでした^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。