高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火事か?

の正体は、ナイアガラの滝の水煙でした。
この写真は近く(数100メートル?)から撮っていますが
ナイアガラの街のかなり遠くから(高級ホテルの上の方がやっと見えるより先に)水煙が見えました。
最初はまさか水煙とは思わずに「大火事か?」と思いました。

ナイアガラの滝


NYも、世界中からの観光客がいるのでしょうが
ナイアガラは正に、「世界の観光地」という感じでした。
インドの衣装、イスラムの衣装、ユダヤの装束、アジア人、黒人、白人・・・
英語でもない、日本語でもない、中国語でもない、韓国語でもない、
全く知らない言葉があちこちから聞こえてきました。

ただ、その沢山の観光客に共通しているのが
「太った人が超多い!」
ということでした。

コニシキさんのように太った人がNYでも多かったけれど
ナイアガラにはNYの3倍くらい?太った人が多いようでした。
どこを見ても、コニシキさんが3人ずつ目にはいる^^;

そんな話を実家でしたら、
「その太った人達の写真はないのか?」
と責められました。
はい、ないです。
風景を撮る振りをして太った人達の写真を撮れば良かったのですが
あんまりにも沢山で珍しくなくて、写真を撮るのを忘れました。
残念無念。
不覚でした。


ナイアガラの滝の裏側

これは滝をすぐ横から見たところ。
有料エリアです。
普通に滝を見る分には無料ですが、
フェリーで滝の近くまで行ったり、滝の直ぐ近くに下りるのは有料で
さまざまなコースが用意されていました。

滝の裏側を見ることができるコースにも参加しました。
滝の裏に掘ったトンネルの中を行きますが
滝に触れるほど近くには行けず(まあ、危ないですよね)
トンネルの向こうの水の壁を見るだけで、がっかりでした。

がっかりスポットではありましたが、記念撮影する人達で大変込み合っており、
撮影順を待つ長蛇の列ができていました。
だから、ワタシの写真はありません。
しかし、コトバだけではイメージが難しそうなので、特製イラストで御紹介^^;

ナイアガラ滝の裏観光1

見えるのはこんな灰色の水の壁だけでした。
ナイアガラ滝の裏観光2

と言うわけで、滝の裏を見るコースはお奨めしません。


ナイアガラ観光では「霧の乙女号(滝の近くまでフェリーで行く)」と
滝の直ぐ横に下りるコースが◎でした。


スポンサーサイト

コメント

スケールが

何から何までスケールがデカいですもんね。
昔行った時、ホテルで出たオレンジジュースのウェルカムドリンクで、そのグラスのデカさにたまげた記憶があります。
息子さんの勘違いわかるなあ。
でも日本でも先日栃木に行ったときは、さいたま市から宇都宮あたりのだだっ広い平野は、中国山地で育ち神戸に住んでる私にとって驚きでした。
雷の音が全然違いますもんね。
ナイアガラはいい天気で良かったですね。
あちらでは車で10時間なんて普通なんでしょうね。

>kouyouさま

そうですよね。何から何まで大きい!
でも、ワタシの一番心に残った「大きい」はやっぱり食べ物かも。

平野では、雷の音が違うんですか?!
し、知りたい〜っ。

ナイアガラは、本当によい天気でよかったです。
ありがたや。ありがたや。
2泊したのですが、帰る日はうす曇りだったので、水煙も雲にまぎれて目立たなくなっていました。

ってことは

近くに行ったらものすご〜い、じめじめ?しっとり?
写真ではからりとして見えるけど、ものすごい湿度だったりして・・・・

>おちのさま

空気はからりとしてました。

しかし、風向きによって霧が降ってくるので
滝の近く(数百メートル?)は霧雨エリアがたくさんありました。
夏だから平気だったけど冬なら傘がないと凍えそうでした。
(夏でも用意のいい人?は傘をさしていましたよ)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。