高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年はとうとう本物に出会えなかったコシアブラ。
(やっぱり、最後に食べたのもウルシだったと思う)

今年は
「ほっとくとまた毒を食べるんじゃないか?」
と御心配くださったおちのさんから素敵な実物見本をいただきました。

コシアブラ見本

なんと、コシアブラの成長段階がよくわかるセット見本です!
これを持って先日オットと山へ出かけました。

コシアブラの見本と比較中

ありました!
ちゃんと、セット見本を並べて比較。
いいみたいです。

ウルシと比べると、木の幹が白く(赤くなく)すべっとして見えました。
それに、背が高い。
すぅっと上にのびています。
葉っぱが小さいときは、ウルシは赤く、コシアブラは黄緑!
でも、ちょっと大きくなりかけた葉っぱは、かなり似てました。
これに惑わされたんですね^^;

コシアブラの木は沢山あったのですが、背の高い木が多く
はるか頭上にりっぱな木の芽がいっぱいありました。
高枝ハサミでも持って行くといいのかもしれません。

それでも、家族で食べる分には十分な収穫でした。
収穫したコシアブラ
手前がおちのさんの見本、奥がワタシたちの収穫です。
早速てんぷらにしていただきました。
さわやかな春の味(苦味、というのかしら?苦味と言うより香りかな?)で
子供達もバクバク食べました。

おちのさん、ありがとうございました!






今回コシアブラの木を見つけることができたのは
もちろんおちのさんの見本のお陰なのですが
それ以外にも悲しい原因がありました。

コシアブラの木が、折られたり切られたりしていて目についてのです。

木の芽を収穫に来た人が、高いところの芽を収穫するためでしょう
のこぎりで幹ごと切り倒していたり
枝をひっぱってバキっと折ってしまったり。
悲しくなる、哀れな木の姿でした。

広島ブログ



スポンサーサイト

コメント

うひゃひゃっ

図鑑がわりにご利用いただきまして、ありがとうございまっす。
よかった、よかった。
本物にたどりつけて。
ってことは、やっぱり去年のは・・・・(~o~)

コシアブラの木って白くてすべすべしてきれいでしょ。
それにとってもよくしなるので切ったり折ったりしなくても採れるのにね。
タラの木でもなんでも無残に切り倒して採っていくことが横行していて悲しいです。
きちんと節度ある採取をすれば毎年楽しめるのに。

そうそう、この香りって姪っ子に言わせると
「グレープフルーツ」の香りだって。
確かに柑橘系、それも皮の白いとことのような匂いですよね。

見本があfれば

まちがいなく採取できますよね。(^^)
六甲山にも結構アチコチに生えています。
すぐに荒らされるんで「知る人ぞ知る」状態なんですけどね。

>おちのさま

グレープフルーツの香り!
そうかぁ。納得です。
姪っ子ちゃん、すばらしい感性だわ。

去年の最後のは、間違いなくウルシでしたね。
今年判ってみれば、木が全然、違いました。

去年はWebで写真を調べて行ったのですが
写真の成長段階と実物の成長段階が違うともうわからないし、
そもそも写真がちょっと葉っぱが大きくなった物で、
しかも葉っぱ部分のアップばかりだったので
私の目にはウルシにそっくりなのでした。

おちのさんの見本セット、とってもわかりやすかったので、
是非いつか、あんな見本がついている山菜ガイド本を作成してくださいませ。

>kouyouさま

へぇぇ。六甲山にもあるのですね。
ワタシは去年初めてコシアブラと言う名前を聞いたので
高野町のような激しい田舎にしかないのかと思ってました^^;

高野町のコシアブラでさえ中々の競争率なので
六甲山のコシアブラはさぞかし人気者でしょうね。

激しい田舎!!

このフレーズ、かなり受けました、へへへ。
私の秘密の場所もこの日曜日に出かけたらどうも他の人もやってきたような形跡。
でも、マナーをわかっているきちんとした方のようで安心しました。
菜っ葉のように大きくなったものはゆでて刻んで炊き立てご飯にお塩と混ぜ込んで「コシアブラご飯」にしてみたら香りがよくてばくばく行ってしまいました。
危険・・・・お試しを。

わが家のあたりはどうも2頭の子熊をつれた親熊が出没してるみたいです。【駐在さん情報】
畑に子熊の足跡がありました。

>おちのさま

ま、また熊出没情報ですね〜!
ひ〜え〜。
熊は、畑の物を食べたいワケでは・・・
ない、ですよね?
ましてや農作業をする人を食べたいわけではないでしょうし・・・?

熊鈴、たっぷりつけて畑に行って下さいね!



コシアブラご飯、ですね。
今度の週末にぜひチャレンジしたいです♪
教えていただきありがとうございます。

ところで「激しい田舎」、ここにぴったりなフレーズでしょ?

こんばんは。
庄原の嫁の実家で食べましたよ。
だいたい,山菜といえば,コゴミとかタラが多いのですが,コシアブラというのは初めてでしたね。
 もちろん,広島には生どころか,天ぷらにまでなったのも見かけません。

>あゔぁんさま

奥様は庄原の方なのですね♪

ワタシはもとから山菜に疎いので
タラ、ワラビ、ゼンマイは知っていましたが
コゴミは高野で初めて聞いて食べました。
ゆでてマヨネーズで食べるのが好きです。
癖がなくて、山菜初心者向けという気がします。

確かにタラのてんぷらは飲食店で見かけるけれど
コシアブラは見ませんね。

初めまして。

初めまして。この度、「お気楽、味のほどしらず」
http://ajinci.blog22.fc2.com/を始めた、Balletaです。
パートナーのAjinciと一緒に、食、食に関連する話題を
紹介しています。よろしければ、ぜひ、遊びにきてください。
(いただいたコメントへは、Ajincがお応えさせていただいてます)

これまでの記事は、「美食家・ブリアサヴァラン」、「ガラムマサラ」、
「伊・パルマの生ハム」、「山菜/タラの芽、こごみ」です。

尚、私個人のブログ「Boochanの宝探し」も、もし、よろしければ
ご覧ください。アドレスは、http://tipmix.exblog.jp/ です。
現在、休止中ですが、この告知のために、「Boochanの宝探し」も、
1本記事をアップさせていただきました。よろしければ、ご覧ください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。