高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムスメのこの夏休みの科学研究は結晶作りでした。

やったのは次の3つです。
・塩水(100gの水に35gの塩:これは飽和水溶液らしい)
・砂糖水(100gの水に砂糖・・・忘れた^^;。とっても沢山)
・塩&砂糖水(100gの水に塩35gと砂糖とっても沢山。砂糖水のときと同じ分量)

砂糖の結晶が綺麗に出来ました。
砂糖の結晶


塩は、ちょっぴり結晶が出来たのですがあまり成長せず。
塩水を取り替えてやるといいのかな、とハハは思ったのですが
面倒だと拒否されました ToT


塩&砂糖水は、なんだかどろ~んとした怪しげな水溶液になりました。
砂糖水も、塩水も、どろどろなんてしてないのに、
塩&砂糖水だけはどろ~んとしているんです。
モールには最後までなにもつきませんでしたが、
別に乾燥させていたお皿の底と、モールを入れたコップの底には少し結晶が出来ました。

塩&砂糖水で出来る結晶、何と思います?

お皿に残った水溶液を捨てて、水で洗ってから、出来た結晶をこそげて食べてみたところ
砂糖でした。

今まだ、コップの底の結晶は成長中で、こんな感じです。
塩&砂糖水の結晶
確かに、砂糖らしい、多角形をしてきました。



塩と砂糖を溶かす比率が違ったら、塩が先に結晶化することもあるんでしょうかね~?
でも、塩水としては飽和水溶液なんだけどなあ。

それとも実は、塩と砂糖、両方の結晶が出来ているのでしょうか?
もう少し、成長を見守ろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

ウーム

ある意味私の専門領域に近いんですが・・・。
99.9%の純粋サッカロース(要はショ糖・砂糖)の結晶を作り、その結晶格子の欠陥を制御するってのが私の卒業実験でした。(^^;
ショ糖はびっくりするほどよく溶けます。
ドロッとしてて、「溶ける」って意味を文献で調べることまでしましたねえ。
でも、この溶液に塩まで溶かすことまで考えが至りませんでした。(^^;
結晶が析出するのは、砂糖は砂糖だけ、塩は塩だけくらいしか想像できませぬ。
格子定数から、砂糖と塩が混在する結晶はムリ。(とオモフ(^^;)

>kouyouさま

kouyouさん、ばりばり理系の方だったんですね!
「結晶格子の欠陥を制御」「格子定数」むむむ。
ちんぷんかんぷんです^^;

どろっとしたのは砂糖のせいですかねぇ?
塩も一緒に混ぜたからその分、少ない水に砂糖を溶かしたような感じになってどろっとしたのかな?
ワタシは塩と砂糖を一緒に混ぜた(なべで温めた)ので、
塩と砂糖が反応して(するのか?)別のものが出来ちゃったのかと思ってました。
が、砂糖の結晶が出来てきたのでこの説は違うなあとひそかに思ってました。

読みながら

kouyouさ〜ん!ってつぶやいてたら
すでにコメントが・・・・
読んでて溶液の定義がわからなくなってきた。
ちょっとウィキしてきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。