高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝は寒かった!
気象台観測の高野町の最低気温(うちから数百メートルの地点)が-0.8度でした。

外ではプラスチックのケースに溜まった水に氷が張っていました。
(いや、いたそうです。オット目撃。ワタシは寒いので外に出ていません)
霜も降りていたようで、日が当たった途端、屋根からぽたぽた水が落ちました。

という訳で、今朝も薪ストーブのお世話になりました。





余談。

ムスコを
「今朝は外は寒いよ。うちはお父さんがストーブ焚いてくれてるよ」
と起こしました。
数分後、降りてきた息子。
階段の途中から薪ストーブを見るなり
「(どすの聞いた声で)点いてないじゃんっ」

いや、点いてるんですけどね、もう火が落ちかけてるんですよ。
でも、ストーブの周りは暖かいし触ると熱いよ。
って、何で怒るの?
はぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。