高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の唯一の暖房は薪ストーブです。

建てる前はこれだけの暖房で大丈夫か?ととっても不安でした。でも11月末に入居して以来、広島にいたときよりも暖かいおうち生活の幸せを、家族四人で堪能しています。
今も外はうっすら雪が積もっていますが室内は22度。今日は焚き過ぎかも。いつもは20度くらいをキープしています。

この暖かさを生み出してくれるのは、薪。
ところが!これだけあれば十分、と倉庫に準備してあったはずの薪入れが、なんだか底が見えてきました。
なにしろ初めての薪ストーブ生活なので、一日にどのくらい焚くのか見たこともなく、「十分」の根拠は丸でなし。
きゃ~!このままでは3月になる前に凍えてしまう!
という恐ろしい事実に最近やっと気づきました。

そこで庭に放置していた木(足りるだろうと薪にする作業を途中で放棄していた分)を切って、屋根の下に入れて、乾燥させようと、木を薪用の長さにチェーンソーで少し切りました(切ったのはだんなさま)。
少しでなくてたっぷり切りたかったんだけど、まずは「チェーンソーでまとめて薪を切るための棚のようなもの」をあーでもない、こーでもないと作るところから始めたので^^;

それから薪として乾燥させてはあったけど、太すぎてストーブに入らなかった丸太を、借りてきた電動薪割り機で小さくしました。これはだんなさまと息子が実施。ところが、木の中からカミキリムシの幼虫がわらわら出てきて息子は途中で退散。おい!キミは虫好きではなかったのか!?

多分、4月中は薪ストーブの御世話になりたいと思う。
だって、毎年ゴールデンウイークに帰ってきた高野町はフリースのいる寒さだったもん。まだまだ薪は足りません。
どうなることやら、びくびくです。

スポンサーサイト

コメント

薪ストーリーは突然です。

今晩は。薪ストーブ2年目です。
割ってから最低6ヶ月乾燥が必要です。
1年めは薪がなくなって慌てて買いました。
本当に薪ストーリーは突然です。

初コメントありがとうございます

kaomihaさん
そうですか〜。kaomihaさんのお宅も足りなくなったのですね。
庭の木は一応気持ちだけシートをかけておいてあったのですが、
はしっこのあたり、かなり濡れています。
乾いているものから使おうと思ってます。
買うとかなりの出費ですよね〜。ん〜、頭痛の種です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。