高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はまたまた来シーズンに向けて薪を集めに行きました。

まず先週も行った造成地へ。
1杯目。
1杯目

焚き付け用小枝も乗せました。

写真手前の太い木について、ワタシは
「切るのも持つのも大変だから、あきらめよう。他にもいっぱいあるんだから」
といいましたが、オットはどうしてもこれが欲しかったため、
ガンバリマシタ。
写真には1つしか写っていませんが、同じような大きさのが全部で6個くらいあります。
軽トラに積んだ後オットは
「やっぱ、太いのは効率悪いね・・・」
と。
そうでしょう、そうでしょう。
わかってもらえてよかったよ。

一旦家に帰って昼ごはんを食べていると、町内のりんご農家さんから電話がありました。
薪にするので剪定木をくださいとお願いしていたところです。
早速午後は行き先を変更してりんごの木をもらいに行きました。
2杯目。
2杯目


3杯目。
3杯目


まだまだ残っていますがここで終了。
のこり


来シーズン用のストックがだいぶできました。
これで来シーズン分はありそうな気がします。
成果その1

成果その2


今シーズンはまだ他にもお願いしているりんご農家さんがあるので
再来年の薪ストックができそうです。
薪ストーブで焚く薪は1年以上乾燥したものがよいと言われますが、
我が家は毎年春に用意したものを冬には使っていました。
薪集め暦3年目にしてやっと自転車操業を卒業できそうです!

我が家の薪状態をいつもご心配くださるTさん、
りんごの木を分けてくださる農家の皆さん、
どうもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>





それから、昨日は家の裏でふきのとうを見つけました。
ふきのとう



スポンサーサイト

コメント

わたしも!

昨日、たくさんのふきのとうを摘んできました。
ついてすぐ採りに行ったら
「今年はなんだか小さいのばかり・・・・」
って、家に入ったら大きなふきのとうがごろり。
母が採った直後でした。
「大きくしてから採ろうと思って残してたのに全部採って来たの〜!」っていわれちゃいました。
ごめんよ〜  でした。

>おちのさま

あっはっはっ!
失敗でしたね〜。
でも大丈夫。
高野の春は始まったばかりだから
まだまだふきのとう、出てきますよ。
でもやっぱり足りなければうちにも採りにおいでください〜。
夏に蕗があれだけ茂ってるんだから
春はそこらじゅうにふきのとうが生えてるはず、です。(未確認ですが)

ありがとう

蕗もフキノトウがよく出る株と出ない株があるんですよね。
うちにも何箇所も蕗が自生しているのですが、1箇所だけ絶対にフキノトウが出ないところがあります。
たかこさんのとこのパイロットの入口あたりは確かフキノトウを見た覚えが・・・・あれはお隣さんの敷地か?
去年、秋田蕗の苗も植えたので、数年後には傘の代わりに蕗をさして歩けるかなぁ?乞うご期待!

>おちのさま

「フキノトウがよく出る株と出ない株がある」
ほっほう〜。
知りませんでした〜。さすがおちのさん!

パイロットの入り口?道路から向かって左かしら?
小道を隔てるとお隣様ですが、道のこっちなら大丈夫。
道路から向かって右は、無人のお寺なので採り放題かも。

傘の代わりにって、コロボックルが何百人もかくれてるようなやつかしら?
ん?コロボックルは北海道?
ぜひ、見たいです〜。
楽しみにしてますね!

薪のたくわえも十分あるみたいで当分安心ですね。
軽トラの運転はもしかしてたかこさんですか?
わたしは最近になってようやく荷台のロープを
しっかり縛れるようになりました。

>tammyさま

コメントありがとうございます。

軽トラの運転はオットです。
軽トラはマニュアル車なんです・・・^^;
オートマの軽トラはほとんど流通しておらず、
その理由は高野町民に言わせると「力が出ないからダメ」なのだそうです。
一人で軽トラが運転できれば、
薪集めも一人でできるか?と思ったこともありますが
私一人で抱えられる大きさの薪はあまりなく
さらにエンジンつきのチェーンソーは私には重すぎです。
というわけで、「どうせ一人じゃ薪集めできないから」とマニュアル車の練習もサボっています。
えへへ。

この2シーズン、なんとか薪の量が足りたのは
少し焚けば暖かくなる家のおかげと思っています(^・^)

ご苦労様です

いいなぁ〜軽トラがあって。薪はもちろんですがが焚き付け用のもの重要。時々朝仕事に行く前に松林の下あたりに拾いに行きます。こちらは海の近くなので。最近ある事に気がついて1回だけやってみました。それは植木や造園業者に電話をかけて・・剪定した枝や木をそのままうちに落としてもらえませんか?と言うウルトラC案。ここら辺、出雲部はそういう剪定された枝などをエネルギーセンター(ゴミ処理場)に持っていって有料で処分するそうです。ならばお金をかけないで処分(うちに持って来てもらえませんか?)しませんかという私のオファーに中堅土木会社が乗ってくれて1回持ってきてもらいました。お互いにしめしめ(笑)。

>しぇふさま

ウルトラC案、いいですね〜。
お互いにお得だし、わざわざ焚き付け拾いに行かなくていい分環境負荷もない。
一石三鳥!
これが軌道に乗るといいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。