高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今度の週末は北海道で昭和新山国際雪合戦が開催されます。
雪合戦の大人の全国大会で、一般とレディースがあります。
今年は第20回になるそうです。
小学生の全国大会が第7回だったから、ずいぶんお兄さん(お姉さん?)ですね。
全国の予選を勝ち抜いた152チームが出場するそうです。

広島県はなかなか強く、昨年度は表彰台に2チームも上っています。
一般の部  赤い彗星 準優勝
レディース  美異茄子 第3位
そしてその2つとも高野町のチームです。
今年も高野町から4チーム出場です。
ご活躍をお祈りします。



小学生大会で今年準優勝と3位の好成績だったのは、
そんな雪合戦の町だからこそ、の強さだなあと思います。
小学生の雪合戦の練習は11月半ばから週1回2時間ずつ行いました。
決して練習量は多くないと思います。
子供の数も少ないです。

それでも強いのはこんな訳からかなあと考えます。

・自分自身も雪合戦チームに所属する保護者が多いです。
 当然監督やコーチはそんな現役選手達になるので指導や試合での作戦がピカイチ!

・子供たちは小さいころから高野町で開催される雪合戦の試合を見ています。
 全国レベルの大人の大会を見るというのも、とっても大切な経験です。

・小学生の雪合戦の練習にはOBとなる中学生が練習相手にほぼ毎回来てくれます。
 自分たちより強い相手と毎回練習するのは力がつきます。

・今年は町内のレディースチームにも練習試合に来てもらいました。
 違うチームと対戦して、色々な戦い方に慣れることができました。

正に、町ぐるみで雪合戦に取り組んでいるお陰ですね。
子供達のために協力してくださる皆さんに感謝です。




もうひとつ強さの秘密があるのではないかと
岩手に行った時保護者同士で話しました。
形から入るとかっこいい

それはユニフォームを揃え、マイヘルメットを持参したこと。
バラバラの上着と借り物のヘルメットチームの中に入ると
「なんだかかっこよくて強そう」
に見えました。
それが相手に精神的なプレッシャーとなった効果が少しはあるのでは?
「形から入る」っていうのもいいかもねぇ
ということになりました。




今朝は倉庫の雪のずり落ちがより多くなってくるんと巻き込んでいます。
写真を撮りたいけれど、窓が凍って開かない。
寒いし雪深いので玄関から回り込むのは嫌(無理)。
というわけで、雪が落ちるより前に窓が開くといいなあと思っているところです。
スポンサーサイト

コメント

昭和新山には西和賀町のチームも3チーム?出場
現地で交流がもてるといいですね〜

>湯田の牛乳好きさま

強いチームの方はお互いをチェックされている(顔見知り?)のようですね。
先日の岩手小学生大会で、雪合戦現役選手の保護者が
「あの人、○○チームの人だ!」
ってつぶやいておいででした。
きっと北海道では色々な交流があるのでしょうね〜。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。