高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日午後、薪ストーブの煙突を修理してもらいました。
右下の部分がめくれています。
わかるかしら?

煙突破損箇所


壊れたのはALCというコンクリートのボードでしたが
同じ素材で同じように直しては、また同じ雪害被害に遭うでしょう
ということで、今度は鉄板(屋根と同じ素材ということなのでガルバニウム鋼板?)
でぐるりとカバーをしてもらいました。


ところで、保険会社の修理見積もりが先日出ました。
な~んと、
「足場を組む費用は出せないので、修理費用の見積もりが10万円にならないかも。
10万円以下だと保険金は下りません」
だって!!!

私「足場を組む費用が出せないということは、はしごで作業しなさいということですか?」
保険会社のファイナンシャルプランナーのお兄さん「はい、そうです」
私「足場を組めないというのは、どうしてですか?」
保「屋根の勾配がゆるいので、基準を満たしません」
(うちは1:0.3の勾配です)
私「屋根には雪があるので、屋根に上がって雪下ろしをしてからの工事になります。
  それをはしごでやるのは危険すぎてとてもお願いできません。
  そちらにお願いしたら、はしごで修理してくださる業者さんを紹介してもらえるんですか?」
保「いや~、業者さんはありません。
  大変なのはわかりますが、上司から基準を満たさないといわれているんです。
  ご理解いただけましたか?」
私「理解できませんっ!上司の方に私から話してもいいですからっ
  死人が出るような工事をしてもらうわけにはいきません。」
(実際はもう修理の契約は済んでいて、足場も設置済みではありましたが。)
保「そうですよね・・・また連絡します」

子供たちもびっくりの、すごい剣幕の電話をしてしまいました^^;

そしたら翌日電話があり
保「上司に話して、地域特性もあるので、足場を組む費用を出せることになりました」
ですって。

よかった~。
あの「ご理解いただけましたか」で「はい」といってたら
保険が一銭も下りなかったかも。

やっぱり、言うことは言わないとね。


これが費用が出ることになった「足場」です。
足場


スポンサーサイト

コメント

良かったわ!!

足場も修理の一つですよね〜〜
保険会社は保険を出したくないから
どこを削ろうか必死なんでしょう〜
何も言わず諦める人もきっと多いのでしょうね。
たかこさんのように言うことは大事ですね!!
無事、保険が出ることになって良かったですね〜〜

それにしても雪が多いですね〜

おちのさんに一度、高野に連れて行ってねって言ってるんですよ(^^)
季節が良くなったら行ってみたいです♪

>kiyomiさま

ありがとうございます。
ほんとに、よかったです〜。

季節がよくなったら、と言わず
雪景色を楽しみに来て下さいな。
別世界ですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。