高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダから帰って、気がつけば2週間近く。
冬休みが始まって、クリスマスがあって、年賀状を書いていたら
あっという間に日が経っていました。

昨夜寝るときはザーザーの雨でしたが、目覚めると銀世界。
暖冬だった昨年の積雪量を一気に抜き去る積もり方でした。

子供たちはスキーウェアを着込んで
そりをしたり、スキーをしたり(両方とも裏の畑だけど)
雪合戦をしたり
雪で「クマの頭」を作ったり
午前も午後も雪を楽しんでいました。

除雪車が家の前の道を通ってくれましたが
私は玄関前や車庫前の雪かきを2時間くらいしたので、ヘロヘロです。

しかし生粋の高野人の家族は
「今日は出かけないから雪かきしなくていいのに」と。

でも、私はこう思うのです。

・郵便さんや宅配業者さんや生協さんが玄関まで来られるのに
 雪かきしてないのは申し訳ない
・緊急事態(家族の急病)で車を出さなければならないときに困る
・明日になって80センチになってから雪かきするのはもっと大変な気がする
・一回に運べる雪の量は限られているから、今日の作業が無駄になるわけではない

みなさまはどう思われます?


日中も雪はどんどん降り続き、夕方メジャーで庭の積雪量を測ったら
平らなところ:40センチ
吹き溜まりっぽいところ:60センチ
でした。

夜のニュースで「高野町の積雪40センチ」と表示されていたので
計測が正しさが証明されて、ちょっと嬉しかったです。

まだ明日の朝までに40センチくらい積もると予報が出ています。
明日島根の実家に移動しようと思っているのに、いやだな~。



スポンサーサイト

コメント

おや,お帰りでしたか。

 高野は1日で40cmですか。仕事先の一つに高野がありますので,かなり心配です。
 私はといえば,そこから70kmほど南下した場所で年越しです。
 風は強いし,冷たいですが,雪は昨日散ったくらいですね。
 道路情報のライブカメラを見ながら,広島県の広さを感じてます。

 では,くれぐれも雪に気をつけて,よいお年を〜。

おひさしぶり!!

時間の経つのって早いですねぇ。

今、高野から帰ってきました。
確かに昨日行ったときは40cmほどでした。
今朝起きたら庭に停めたストリームがステップワゴンになってました〜ぁ。
庭から道路までは除雪機でどけて道路は父が車を何度か走らせて圧雪にしてくれました。で、何とか車の通りの多い道へ出られたけど・・・・
和南原の小学校下から先は除雪してない!!うそでしょ!!
わずかなわだちをずるずるしながら峠を越えました。主人にしては珍しくもうだめかも、(つまりチェーンするかってことなんだけど)なんて言い出したくらいすごい雪でした。

県境越えたらちゃんと除雪してあって無事帰ってきました。

今年はたかこさんとお知り合いになれてうれしかった。
来年もどうぞどうぞよろしく。
ではでは、よいお年を。

>あゔぁんさま

ほんとに、広島市と高野町では全く別世界ですよね。
今度高野にお仕事でこられるときは、覚悟してきてくださいね。路面になくてもきっとまだ路肩にはたっぷり、なので凍結注意!です。
今年もよろしくお願いします。

>おちのさま

私は31日のお昼をだいぶ過ぎてから島根に向かいました。ちゃんと全部除雪されていて、思ったより楽に移動ができました。本当は午前中に移動しようと思ってましたが、うちの前の道に除雪車がなかなか来なくて、待ってました。
でもおちのさんのお話を聞くと、それが幸いだったみたいですね。
おちのさん、雪の中の移動お疲れ様でした。

ところで、お父様は「除雪機」をお持ちなのですね。それってブオ〜ンと雪を吹っ飛ばすあれでしょうか。あこがれます〜。
うちはスノーダンプとスコップ。ひたすら人力です。
雪かきダイエットができそうです。

今年はゆっくり遊びに来てくださいね。
今年もよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。