高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
包丁が使いにくいことを以前書きましたが、その後、葉の真ん中を使うことには大分慣れてきました。
が、使いにくいことには変わりありません。

ナイフ


こんなナイフ達を使っています。
ギザギザの包丁は切り口もざらざらになるので、きゅうりの断面がピカッと光る、というような仕上がりになりません。
また、生の肉も切りにくくて、なんだかグチョグチョになってしまいます。

こっちの人たちは、みんなこんなナイフを使っているはずだから、
正しい?使い方をすれば、上手に切れるはずだろうに
と思うのですが、なかなか。






こちらも以前書いた薪の販売風景。
太い薪、大量に売ってます。お店の外側ですね。
薪ストーブで焚くのでしょうか?
それとも暖炉かしら?

薪(大)


どこでも薪と並んでウォッシャー液が売っています。
雪の日が多くて、直ぐに無くなるからでしょうね。
こちらは前の写真のお店の中でレジ近くです。
細い薪、太い薪、ウォッシャー液がディスプレーしてあります。

薪(小)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。