高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の子供達は、きっつい香りの洗剤が好きです。
カナダから義妹家族が帰ってくると荷物がカナダの洗剤の香りなので
クンクンしてうっとりしてます。

ムスメは特に雑貨屋さんなどにおいてあるダウニーが大好きです。

そこでこの夏、NYで大きなダウニーを買って帰りました。
もちろん、重かったです。




ところが!
帰国してみたら、行きつけのスーパーにダウニーが特売品として売られているではありませんか?!
楽天でも大安売りだし。

どうしたんだっダウニーっ
私達がNYに行ってた約1ヶ月の間にすっかり値崩れしちゃって。



ダウニーが安く手に入るようになったのは嬉しいけれど
せめて、買って帰ったダウニーがなくなるまで、待って欲しかったな。


広島ブログ


スポンサーサイト
NYで近代美術館(MoMA)に行きました。

「美術の教科書にあったような」作品を沢山見ましたが
一番感動したのはミュージアムショップでした。

ミュージアムショップには、展示品に関連した商品だけでなく、
近代美術として美しいと判定されたらしい日用品が沢山売られていました。

その中に、日本の商品がとてもたくさんあったのです。
ちょっと嬉しくなりました。

MOMAのおみやげ1

MUJIのNYグッズです。
マンハッタンの地図のハンカチと自由の女神の人形。

MOMAのおみやげ2

midoriだったかしら?
ひよこの形の修正テープとぞうさんの形のクリップ。

MOMAのおみやげ3

これも多分midori
消しゴムのバランスゲーム。

MOMAのおみやげ4

これは我が家にもある!
ブタの顔の落し蓋。
(あっ。これは日本製かどうかわからないです。
ワタシはアフタヌーンティで購入しました)

ただしこれ、売ってるときは美しい白ですが
使っているうちに茶色の煮しめのような色になりました。
最初はがんばって漂白などしてみましたが
そのうちすっかりあきらめて茶色のまま使っています。

MOMAのおみやげ5

これも我が家にある!(ムスメが使ってたような?)
カドケシです。
これはMoMAのロゴ入りだ!
角が沢山あるから細かい所を消しやすい消しゴムなんだそうです。
(でも、ちょっと力を入れすぎるとぼろぼろ崩れそう?)



当然ながら日本より多少割高に、売られていました。





MoMAの展示品より
フランスパン?

ん?
頭にのっているのはフランスパンかい?
髪はとうもろこしだな。
おでこにある点々は・・・?

あり!

うっきゃ~っ
あり!



なんかね、ワタシの理解を越えたものが沢山ありました。



ムスコもインフルの診断を受けました。
ムスコのクラスは明日から学級閉鎖が決定です。

ムスコの熱はあっという間に下がり、すっかり元気で振って湧いた休みを満喫しています^^;
ムスメも今日はすっかり元気で献立が気になる食いしん坊に戻りました。

高野町内のインフルエンザはまだまだ猛威を振るっているけれど
我が家は峠を越したようです。



なぁんて、今度は大人が罹ったりして!?
夕方、ムスコがインフルエンザを発症しました。
(検査はしてないけど、多分インフル、新型でしょう)


ムスコは普通に学校に行き、
クラブも終えて帰宅し、
ハハの「元気?」の問いかけに「元気」と答え、
おやつを食べて、
ネットでゲーム関連のサイトをチェックして、
彼の担当ふろ洗いもすませ、
さあ宿題をしようという時、
薄い長袖Tシャツと半ズボン&裸足だったので
「寒くない?」
と聞いたら、ななんと、珍しい事に
「寒い」
と答えるではありませんか!

更に、フリースを着たらと勧めたら
「まずは体温計だな」
ですって!

ひぇぇぇっ
おでこを触ると熱い!

38度でした。
(熱はあるけどとっても元気で、晩ご飯をモリモリ食べてました)

う~ん、来たかぁ。
やっとムスメが峠を越えたかと思ったのになあ。





ムスメ、今朝の第一声が
「元気になった!」
でした。
ロフトで寝ているのですが
はしごを普通に降りるだけでは物足りないほどの回復振りで
サルみたいにびよ~んとぶら下がってました。

1日昼寝もせず、本を呼んだりテレビを見たりしていましたが
夕方になってさすがに疲れたようで
ちょっとぐったりしてしまいました。

また少し、熱も出たようです。



広島ブログ

今日は5,6年生が学級閉鎖でしたが
明日から金曜日まではは高野小学校全部が休みになりました。

全校101名の学校ですが
今日の午後の時点で30名がインフルエンザに罹っているそうです。

本当にあっという間に広がって、びっくりするばかりです。



昨日は何も食べられず、少しの水分も吐いてしまったムスメは
今朝になって吐かなくなりました。

高熱なのに水分もとれないと脱水症状を起こすのではないかと心配しましたが
それを乗りきり、一安心です。

解熱剤のお陰で日中は熱も少し下がり
うどんを食べることもできました。
でも、夕方になると薬が切れてきたのかまた湯たんぽのように熱を発していました^^;

しかし、この薬を飲む事が大変なんです。

タミフル:粉
解熱剤:錠剤
咳止め:錠剤

この3つを飲むのですが、粉のタミフルは問題ないけれど錠剤が・・・。
本当は水薬と錠剤で選べたのですが
水薬の味がきらいなムスメは錠剤を選択。

けれど実は、ムスメ、錠剤はほとんど飲んだ事がなかった!

錠剤を口に入れて
次に水を口いっぱい入れて
飲み込む事ができなくて
目を赤くして苦しんでいます。
錠剤が溶けて苦くなりそうなくらい長く。

今夜は咳止めはもうパスしました。
早くコツをつかんで、楽に飲めるようになるといいね。

インフルエンザで学校を休んだムスメ曰く、

「本当はね、学校行きたかったんよ。
今日は、ドッヂボール大会と体育とクラブがあったから・・・」
(彼女は「運動クラブ」なるものに所属)

ワタシには無い遺伝子を持つ彼女は、運動が得意です。

ワタシが小学生時代、跳び箱の次に嫌いだったドッヂボールを、彼女は大好き。
ワタシがどちらかというと嫌いだった体育も、もちろん彼女は大好き。

ワタシだったらずる休みしたいような時間割ですが
行けないことを残念に思うムスメが、羨ましいと思いました。
本日突然、高野町でインフルエンザ大流行となりました。

車で約40分の庄原市の中心部の学校でこの2週間くらい流行っているようでした。
けれど、先週の金曜まで、ムスメの小学校でもムスコの中学校でも
インフルエンザが発生したと聞きませんでした。

ところがムスメが今朝から熱を出したので
きっとただの風だろうと思いながら欠席の連絡をすると
「今日はお休みが多いんです」
とのことでした。

むむむ?
いんふる?

朝はりんごを2切れ食べたムスメでしたが
昼過ぎてもよくなるどころかどんどん元気がなくなり
やっと食べたりんごじょり(りんごのすりおろし)も吐いてしまいました。
その後はお茶を飲んでも水を飲んでも吐くので
ただの風邪ではなさそうと観念して診療所へ連れて行きました。

そこで小学校の5、6年生は学級閉鎖が決まったと聞き
ますます覚悟を決めてインフルの検査をしてもらいました。

(鼻の穴に細い麺棒をつっこんでグリグリする検査、本当に痛そうでした。
座っているのも話すのも辛そうなムスメは無言で身動きもせずグリグリされていましたが
検査後、涙が光ってました)

結果はインフルエンザA型。
今の時期、A型といえば新型インフルエンザに間違いないでしょう、という見立てでした。
今週いっぱい、金曜までお休みが決定です。


それにしても、まず誰か1人が発症して
そのあと次々に流行するのかと思っていたら
まるで同時多発テロのように一度にインフルエンザが広がりました。

ムスコの中学校でも流行が始まっているようです。



ムスメはせっかくもらった薬も直ぐに吐きました。
けれど、8時ごろからはやっと続けて寝られているので
明日の朝には少し元気になっているとよいのですが。
そろそろ薪ストーブの出番と書いたのに
思いの外家の中は寒くならず、今日やっと初焚きをしました。

今朝の高野町の最低気温は0.7度。
うちより少し高いところでは霜が降りたそうです。
最高気温は18.3度でした。

このところ最高気温が20度を越える事はほとんどなかったのですが
よい天気の日が続いていたので高断熱&窓たっぷりの我が家は日中温められ
夜になっても室温が20度をなかなか切りませんでした。

そのかわり朝は室温が大体18度くらいまで下がっていて少し寒かったのですが
どうせ陽が射せば暖かく(暑すぎに)なるからもったいないと
ケチってました。

それに、初焚きのときは家族そろって炎を見つめて
何か焼いて食べたかったしね。

今日は夕方から室温が18度しかなかったし、
オットも早く帰って来れたので初焚きの運びとなりました。

薪ストーブで食べる楽しみ

ソーセージとスモークチーズを串に刺して炙って食べました。
それと、昨夜の残りのてんぷらも串に刺して炙ったら
余分な油が落ちてカリッとなってとっても美味しくなりました。

大満足です。


広島ブログ

先週末の第6回高野りんごの会。

りんごはなんと13種類!でした。
(8軒のりんご農家さんです)

世界一
シナノスイート
秋映(あきばえ)
ジョナゴールド
涼香の季節(りょうかのきせつ)
千秋(せんしゅう)
秋茜(あきあかね)
夢愛(ゆめ)
ハックナイン
北斗(ほくと)
おいらせ
ゴールデンデリシャス
ひめりんご

一口千円のりんごの会では、さすがに全部を入れることは出来なくて
このうち9種類くらいを詰め合わせました。
けれど、これでも今のりんご全種類、というわけではなくて
買わなかった(後から見つけたのでもう予算が残っておらず買えなかった)品種もありました。


今シーズン、ここまでに食べたりんごは22種。
(試食だけのを入れるともっとあると思いますが、持ち帰ったものだけ)

りんごの会での一番人気はシナノスイートでしょうか。
甘くてジューシーで硬さもあるのが人気の秘密かな。

おいらせは、とても大きな玉なので一袋に入っている数が少ないです。
だから手が出なかったのですが、このたび食べさせてもらってびっくり。
とっても甘かったです。
硬さはそんなにないけど、(硬いりんご教信徒の)家族にも好評でした。
今シーズンはおいらせ、もう終わってしまったかな。
来年はしっかり買うぞ!


今日は地区のお祭りで、子ども達の相撲がありました。
とても小さなお祭りなので、屋台も何もありません。
お祭り気分が盛り上がるかなと、ひめりんごでりんご飴を作りました。
子どもたちが喜んでくれて満足です。
ムスコはまた作って欲しいくらいらしい。
ひめりんご、まだ今週もあったら作ってあげるよ♪


今週はまた違うりんごが登場しているんだろうなと楽しみです。
去年美味しいなあと思った「清明」や「陸奥」がそろそろ登場かも♪
NYで日本と比べて大きいと思ったものは、沢山あります。
これはその一つ。

洗剤

洗濯用の洗剤です。
不覚にも何リットル(単位はガロンかしら?)入りか見るのを忘れました。
(教えて~っ)

※ 1.32ガロン(5.02リットル)とわかりました。


横に置き、使うときはボタンを押すと洗剤が蛇口のような部分から出てきます。
だから大きくて重くても毎回持ち上げる必要は無し。

この洗剤を使う洗濯機はこちら。
洗濯機と乾燥機

右が洗濯機、左が乾燥機。
正しくは洗濯機と乾燥機のセットでした。

洗濯機と乾燥機は、友人が購入した物ではなくて
借りている家の備品です。
大分年数が経っているようでしたが
NYで見た家電品のチラシにも同じようなセットが掲載されていたので
今も一般的なスタイルなのだと思います。

巨大な地下室があるのが、一般的だからなのでしょうね。

友人宅も、ワタシが広島で暮らしていたマンションの部屋が全部入りそうな地下室でした。

広島ブログ


火事か?

の正体は、ナイアガラの滝の水煙でした。
この写真は近く(数100メートル?)から撮っていますが
ナイアガラの街のかなり遠くから(高級ホテルの上の方がやっと見えるより先に)水煙が見えました。
最初はまさか水煙とは思わずに「大火事か?」と思いました。

ナイアガラの滝


NYも、世界中からの観光客がいるのでしょうが
ナイアガラは正に、「世界の観光地」という感じでした。
インドの衣装、イスラムの衣装、ユダヤの装束、アジア人、黒人、白人・・・
英語でもない、日本語でもない、中国語でもない、韓国語でもない、
全く知らない言葉があちこちから聞こえてきました。

ただ、その沢山の観光客に共通しているのが
「太った人が超多い!」
ということでした。

コニシキさんのように太った人がNYでも多かったけれど
ナイアガラにはNYの3倍くらい?太った人が多いようでした。
どこを見ても、コニシキさんが3人ずつ目にはいる^^;

そんな話を実家でしたら、
「その太った人達の写真はないのか?」
と責められました。
はい、ないです。
風景を撮る振りをして太った人達の写真を撮れば良かったのですが
あんまりにも沢山で珍しくなくて、写真を撮るのを忘れました。
残念無念。
不覚でした。


ナイアガラの滝の裏側

これは滝をすぐ横から見たところ。
有料エリアです。
普通に滝を見る分には無料ですが、
フェリーで滝の近くまで行ったり、滝の直ぐ近くに下りるのは有料で
さまざまなコースが用意されていました。

滝の裏側を見ることができるコースにも参加しました。
滝の裏に掘ったトンネルの中を行きますが
滝に触れるほど近くには行けず(まあ、危ないですよね)
トンネルの向こうの水の壁を見るだけで、がっかりでした。

がっかりスポットではありましたが、記念撮影する人達で大変込み合っており、
撮影順を待つ長蛇の列ができていました。
だから、ワタシの写真はありません。
しかし、コトバだけではイメージが難しそうなので、特製イラストで御紹介^^;

ナイアガラ滝の裏観光1

見えるのはこんな灰色の水の壁だけでした。
ナイアガラ滝の裏観光2

と言うわけで、滝の裏を見るコースはお奨めしません。


ナイアガラ観光では「霧の乙女号(滝の近くまでフェリーで行く)」と
滝の直ぐ横に下りるコースが◎でした。


報告:時間と方角、最後の写真のヒント、追記しました。

この夏のNY滞在中、一度だけNY州を離れて北へ旅をしました。
(真北ではなく、西に寄っています)

まっすぐな道

とにかくずっとまっすぐな高速道路です。

平らな地面

左右はこんな感じ。
荒地?だったり、トウモロコシ畑だったり、ジャガイモ畑だったり、牧場だったり。
とにかくずっと平地です。


道中ムスコが
「アメリカという国は、いったいどれだけ自然破壊をしているんだっ」
とやたら憤慨していました。
しかし、あるのはまっすぐな土地にのびたまっすぐな道路だけ。
他に自然破壊の痛ましさは感じられません。
???と思って聞くと、どうやら彼は、
日本のような起伏のある土地を大規模な工事でまっすぐな道路にしていると思っていたようです。

もともと平地だと説明すると、とてもびっくりしていました。

う~ん、我が家のあたりにはこんな平地、ないもんね~。





車で10時間くらい走ってやっと目的地付近に到着しました。
(トイレ休憩を超!たっぷりとりながら行きました)
火事か?



どこだか、わかりますか?
(ヒントは、煙です。雲ではありません。何の煙でしょう~?)
NYに行くに当たり、コドモ達が一番楽しみにしていたのが自由の女神。
帰国してから一番良かったというのも自由の女神でした。



ワタシは、自由の女神そのものよりも、そこに行くまでのセキュリティチェックの厳しさに驚きました。
アメリカの象徴となる場所だから、テロの標的にされやすいためなのでしょうね。

自由の女神は、マンハッタンからフェリーで10分程度の小さな島にあります。

ちなみにこのエリス島はニュージャージー州であり、NY州ではありません。
「NYの自由の女神」っていうのに。
「東京」ディズニーランドみたいですね。

必ずフェリーに乗らないと行けないので
このフェリーに乗る前に厳重な、飛行機に乗る前のようなセキュリティチェックがあります。
水筒の中身を聞かれ、蓋も開けさせられ、中に入っているのは氷か?と確認されました。
腕時計も携帯もベルトも外して、金属探知機?のゲートをくぐります。
もちろん荷物もX線?チェックです。

このため、テーマパークの人気アトラクションのように
巨大迷路のような行列ができていました。





911のテロ後中止になっていた自由の女神の王冠部分に上がるツアーが
この夏から再開されました。
ちょっと興味があったのですが、世界中の人達も興味があったらしく
あっという間に数ヶ月先まで予約でいっぱいになったそうです。
残念。





自由の女神の足は何を履いているでしょう? > サンダルです。
というクイズは今まで何度か聞いたことがありました。

今回、ほっほうと思ったのが後頭部。

自由の女神の後頭部

なんか、卑弥呼さま?
日本の昔の女性の髪形と言われても納得しそうですよね。





マンハッタンのフェリー乗り場近くには、自由の女神マン?が何人もいました。

自由の女神MAN

顔までべっとりペンキ?を塗ったなりきりぶりで
じっとしているところは人形かと思うほどでした。
観光客と一緒に写真を撮ってくれるみたいです。
多分もちろん、有料ですよね?
(近づかなかったのでわからないです)




自由の女神って、英語では”Statue of Liberty”
直訳すると「自由の像」であって、神様ではないのね。
ふぅん。

高野町の今朝の最低気温は4.3度でした。
最高気温は16.8 度。

朝は寒かったけれど日が当たったので日中は昨日、一昨日よりずっと暖かく感じました。
一昨日の最高気温が15.6度です。
約1度しか違わないのですが、何しろ一昨日の日照時間は0時間!

一昨日は、車で40分の庄原市では日が照ってムシムシしたというのに、
高野は一日中雨。
とても寒い日でした。



高気密&高断熱に作っていただいている我が家の中は
暖房ナシでもずっと20度以上を保っていましたが
昨日は日光のチカラがもらえなかったため家が暖まらず
今朝は17度くらいまで下がってしまいました。
本当なら薪ストーブの初焚きをしたいくらいでしたが
昨年の初焚きがもっと遅かったのですっかり油断していて
薪を部屋に準備していませんでした^^;

(半そで&半ズボンの)ムスコが「寒い寒い」と騒いでいました。
まず、その服装をなんとかしろって感じですよね。




今日は薪を少し用意して、次の寒さに備えました。


あっでも、マシュマロもチーズも買い置きがないぞ。
(マシュマロやチーズは串に刺して、あぶって食べると美味しいです)



広島ブログ



台風18号は、高野町よりも随分東を通過してくれたので
高野りんごへの被害は少なくすんだようです。

長野や東北のりんごは深刻な被害だと聞き、胸が痛みます。


ところで、日本の信号機はしっかりとした柱に固定されていますが
NYで見た信号機は、洗濯物のように電線にぶら下がっていました。

NYの信号機

ちょっと強い風が吹けば信号の向きが変ってしまいそうですよね。
ここは台風(ハリケーンかな)が来ないんだなあと思いました。
本日第5回高野りんごの会を企画しました。

銘柄は8種。農家さんは7軒です。

高嶺(たかね)
秋映(あきばえ)
秋茜(あきあかね)
昂林(こうりん)
ゴールデンデリシャス
シナノスイート
紅月(こうげつ)
アーリージョナ



今回初めていただいたのは「高嶺(たかね)」です。
県道39号沿いの長妻(光則)りんご園さんで見つけました。

長野の農場試験場で作られた品種です。親はレッドゴールド。
甘く、香りもあり、果汁たっぷりのジューシーですが、
栽培が難しく、日持ちしないため、あまり広まっていない(広まらなかった?)ようです。

とても美味しかったのですが、あまり日持ちしないとは残念です。
でも、「ワックスが出てて、いかにも早く柔らかくなりそうな」様子はなく
さらっとした表面でした。
ほんとに直ぐに柔らかくなっちゃうのかしら?
それとも、「日持ちしない」というのは「柔らかくなる」のではなくもっと他の変化があるのかしら?



それから高野町で生まれたりんごを試食にいただきました。
アップルロードの横谷(康幸)りんご園さんの「夢愛(ゆめ)」です。
いつの間にか他と違うりんごが出来ていたんですって!?
親は「むつ」らしいです。

(ワタシのイメージでは)ふじのようなお味でした。
硬くて、甘味が強くて、ジューシーでとても美味しかったです。
次のりんごの会には是非入れねば!

最初に北京に1泊した時は、
夕方広島から到着して、次の日の午前中にはNYに向けて出発するので
空港の近くのホテルを予約しました。

インターネットで予約したのですが、とても空港に近いため
口コミ情報に「タクシーに乗車拒否された」とありちょっぴり不安でした。

けれど、空港のタクシー乗り場では行き先を告げるとすぐに乗せてもらえました。
北京のタクシーはメータ-がちゃんと付いているから、安心です。

ところが!!!

地図でみるとすぐ近く(歩ける距離)なのに、いきなり高速に乗るのです。
ワタシの頭は???でいっぱい。
更に別の高速に乗り換えます。
???



「地図と英語のホテル名と住所が書いてある紙を
空港の職員さん(英語が話せる)に見せて、
タクシーの運転手さんに説明してもらったから、わかってるはずだよなあ」

「ワタシの地図の見方が違ってて、本当は遠かったのかなあ」

「間違ったホテルに連れて行かれたらいやだなあ」

「聞いてみたいけど、運転手さんは英語も日本語もわからないもんなあ」

と思案しているうちに、ホテルに着きました。
予約しているホテルです。
ほっ。

メーターは30元です。
でも、高速で10元札を2回払ってたなあと思いながら100元札を渡しました。
すると、帰って来たおつりは40元。

???
メーターの30元+高速代20元=50元 のはず。

とりあえずメーターを指差して抗議したらおじさんはゼスチャーで
「メーターの30元と高速が10元を2回だ」
といいます。
だから、それなら50元だってば。
なので、今度はこちらがゼスチャーで
「メーターの30元、10元、10元・・・・・」と睨んだら
突然、おじさんは「ばれちゃあ仕方がない」と言う表情で
10元札をぽいっと投げて寄越したのです。

はぁぁ。



近距離をタクシーに乗ると遠回りされることは
8月末に北京に寄ったときにも何度かありました。(全部ではありません)
そして、わざと遠回りした運転手は、決まっておつりもごまかそうとしました。

遠回りは言葉の壁があって抗議が難しいけれど
(それに、怒らせて変なところに連れて行かれてもいやだし)
おつりはゼスチャーが使えるもんね。ふんっ。


思えば初めて中国に行った学生のときにも、
お札を何枚か受け渡しするときには枚数をごまかそうとされたことが何度もあります。
お陰でおつりはしっかり数える癖がつきました。


今も昔も、ごまかそうとした人でも、抗議すればちゃんと払ってくれるのは
不幸中の幸いといったところでしょうか。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
9月29日の99プラスに高野りんごジュースが登場しました。

松山ケンイチさんの故郷が青森で、そこのりんごジュースがと大好きなのだそうです。
そこで全国のりんごジュースを集めて松山ケンイチさんに
利きりんごジュースをしてもらおうという企画でした。



長野、秋田、栃木、島根、広島(高野りんご)、青森、福島の
いずれもストレートのりんごジュースが登場しました。

1周目では全く当たらず
2週目に高野りんごジュースを飲んだところで
「うまい」
と言葉が出ました。
それまで、どのりんごジュースに対しても味を評価する言葉はなかったので
思わず言ってしまった!という感じでした。
結局2周目でも当たりそうになく、99の助言で無理やり答えを言わされて終わってました^^;


高野りんごジュース
は、氷を入れて飲んでも大丈夫なくらい
しっかりとした味なので、比較して飲むと美味しさが際立ったのでしょうね~。

1000mlのガラス瓶入りで1本735円です。
りんご農家さんにも置いてありますし、近隣のスーパーなどにも置かれています。
買うときにはちょっと高い気がしそうですが
飲んで満足のりんごジュースだと思います。

今年もまた、薪ストーブのメンテナンス講習会に行って来ました。
我が家の薪ストーブを設置してもらった福山市の小畠さんで開催されています。

小畠さんでは、毎年、ユーザー対象にメンテナンスの講習会を無料で開催してくださいます。
各ストーブ会社から講師が来て下さるので質問に
「わかりません」
と言われることがありません。
全てわかりやすく、実物を使いながら説明してくださるのでとても参考になります。

昨年も参加したので、今年は止めようかとも考えましたが
行ってみて、やっぱりよかったです。

基本的な内容は同じなのですが新たな疑問に答えてもらったり
メンテナンス用品に新商品が出ているのを教えていただいたりしたのがよかったです。

小畠さん、どうもありがとうございました。


【参考になったこと】

1.メンテナンス用品

ガスケットを留めるのは、今まで耐火セメントのボンドを使っていました。
今はなんと、シリコンの接着剤(シリコンシーラント)も出ているそうです。

シリコンシーラントの特徴
・耐火セメントよりも接着力が強い
・使い残しを保存しておくと硬くなって使えなくなる
・補修にサーミック接着剤は使えない(ただし、剥げてくることはほとんどない)

耐火セメントの特徴
・使い残しが少々硬くなっていても、水を入れてもめばまた使える
・はがれることがあるので、シーズン途中はサーミック接着剤で補修する。
・ガスケットをとりかえるとき、耐火セメントが残っていたらドライバーと金槌で
 ガンガンと取らないといけない

総合的にみるとシリコンシーラントの方がよさそうでしたが
我が家はまだ耐火セメントの残りがあるので今回は新規購入は見送りました。


2.ガスケットの交換目安
ガスケットの交換は、稼動部は3年毎が目安、と聞きます。
しかし、2次燃焼室の切り替え部分のガスケット交換は難しそうだなあと
思案しておりました。
聞いてみると、やはり、素人がするのは大分難しいようです。
業者さんに、5年に1度くらい全体をオーバーホールしてもらうのがよい、とのことでした。
ファイヤーサイドさん(薪ストーブメーカー)的には5年に一度がよいそうですが
実際にメンテナンスを依頼されるお客様は7年目くらいの方が多いそうです。
ほっほう。



3.灰受け

我が家の薪ストーブは「バーモントキャスティングス アンコールエヴァーバーン」です。
アンコールを使われているポールさん(ファイヤーサイドの社長さん)は以前講習会で
「灰受けはシーズン中開けません。灰は貯めっぱなしで、上から余分なものだけ取り除きます」
と言われていました。

しかし、うちのエヴァーバーンで灰受けいっぱいに灰を貯めると
火がとても、燃えにくくなります。
エヴァーバーンのマニュアルを見ても、なんだか下の方から空気の入る穴がありそうなので
エヴァーバーンでは灰を取らねばならないのだ、と思っていました。

しかし今回「シーズン中、灰受けは開けなくても良い」と言われたので
エヴァーバーンではどうですか?と疑問をぶつけてみました。
すると、エヴァーバーンでもやはり灰受けは開けなくても良い(灰でいっぱいでよい)とのことでした。

うぅ~ん。そうかぁ。
でもでも、断然灰がないほうが良く燃えるんですよね・・・
講習に来られていた他の方とも「灰をいっぱい入れると燃えにくい」と話が合いました。
どうしようかなあ。
やっぱり、今シーズンも灰受けの灰は取るような気がします。
昨夜は満月だったので、お団子を作ってお月見をしました。
といっても、白玉粉だったので山盛りにはできませんでした。

お月見だんご

トッピングは左上から
りんご煮
ずんだ
ホイップクリーム
あんこ
です。

No.1はやっぱりあんこ&クリームでした。
ずんだ&クリームは、あんこに比べると弱い気がします。
意外に美味しかったのがリンゴ煮です。
今日は砂糖を大目で仕上げたのが良かったみたいです。



りんごはもちろん高野りんご。
ちょっと柔らかくなってしまったものを使いました。

あんこはおはぎを作ったときの残り(冷凍してたもの)。

ずんだも先日作って冷凍しておいたものですが
市販のずんだもちよりもコクが少ない、というかコクがない仕上がりになってしまいました。
何が敗因なんでしょうね。

枝豆は義父の畑からもらいました。

大豆畑

今年ももちろんリアルムゲンエダマメ
(おもちゃではなく本物の茹でた枝豆から豆を採り出す作業)
気が遠くなるほどたっぷりやりました。

この写真は9月の初旬です。
今は、葉っぱがだんだん黄色くなっています。
稲刈りが終わったら大豆も収穫ですね。
10月に入り、りんごの種類が一番豊富な季節に突入しました。

第3回りんごの会のラインナップはこちらの8種類

長曽(英樹)りんご園 :ひめかみ
青才(竜二)りんご園 :涼香の季節(りょうかのきせつ)
青才(竜二)りんご園 :昂林(こうりん)
田中(勇)りんご園 :紅月
横谷(澄夫)りんご園 :秋映(あきばえ)
横谷(康幸)りんご園 :トキ
大坂りんご園 :初秋(はつあき)
大坂りんご園 :スターキングデリシャス


トキは2001年に青森で開発された、比較的あたらしい品種で
今回唯一の黄色いりんごです。

義母はトキを見て、「もうゴールデンがあるの?」と嬉しそうでした。
ゴールデンデリシャスは昔からある品種だけに
上の世代になじみがあって人気もあるようです。

黄色いりんごといえば、ワタシも高野に来る前は「ゴールデンデリシャス」位しか思いつきませんでした。
(今なら、王林・きおう・きたろう・トキ、すらすら言えます♪)
スーパーで買うゴールデンデリシャスは、いつもほろほろと柔らかくなっていて
あまり好きではありませんでした。
けれど、収穫したばかりのゴールデンデリシャスはかりっと歯ごたえがあり、
甘味もあり、全く別物でした。

でもね、ゴールデンデリシャスの食べごろは難しい。
緑のうちに食べるとエグミが残るときがあるし
食べるのが遅いと柔らかくなります。
黄色くなりたて!のときに食べるのがよろし。
正に生鮮食品です。

食べるタイミングが難しいゴールデンですが
農家の方にも苦労の多いりんごのようです。

・キズが付きやすいので袋をかけなければなりません。
・袋は2回、かけます。(玉が大きくなるから?)
・枝などが当たると、すぐにキズが付きます。
・収穫後袋を取らないといけません。

他より手間がとってもかかるのに、安いのだそうです。
(高野りんごの価格は、高野りんごの組合で品種毎に決められているようです)



ほらほら、高野のゴールデンデリシャスが食べて見たくなったでしょう?
この週末はそろそろゴールデンデリシャスが店頭に並びそうです。

今更ですが、この夏の旅行を少しずつ振り返ってみようと思います。



この夏はNYのお友達の家を訪ねたのですが
安さを追求した結果、広島空港発、北京経由、NYのJFK空港到着となりました。
北京では当日中に乗り換えることができなかったので行きに1泊
帰りは観光もしたので3泊しました。

遠回りする分、チケット代金が安くなるということですが
寄り道できて、更にチケット代金が安いって、幸せ♪
(でも機内食が、とってもとっても、不味かった ToT)



これは最初に見た北京の空港。
曇りでしたが、雲や霧ではない、霞のかかった世界でした。

北京の空

空港の端はおろか、滑走路も見えません。
北京オリンピックのときに、有力なマラソン選手が
空気が汚いことを理由に出場をしていましたが
さもありなん、と思いました。

あまり繊細でないワタシの鼻は、吸っている空気が汚い!とは感じませんでした。
けれど、宿泊した完成後たった1年の5つ星ホテルの外壁がすっかり薄汚くなっていました。

それから、北京では市街地でも郊外でも、カラスもスズメも、小動物も小鳥も、
ほとんど目にする事がなく、それもまた恐ろしく感じました。

今年も薪ストーブの煙突掃除をしました。

3回目です。
もうばっちりです、と思って挑んだのですが
いやいや、なかなか、油断大敵でたっぷり反省点がありました。

来年のための記録。
2009年「たかの家 薪ストーブ煙突掃除の反省」です。

去年の記録はこちら

1.24時間換気システムを「強」で運転していたためか
 家中に煤が広がりました。
 家中の雑巾掛けを家族総出で3回くらい繰り返すハメになりました。
 来年は、換気システムを切ってから煙突掃除をしましょう。

 いや、やっぱりブラシの入り口にセットする煤受けの袋の取り付けが
 甘かったからかもしれません・・・
 去年と同じように2重にしたつもりなのですが。

 う~ん、修行の道は険しいぜ。

2.ストーブ本体と煙突をつなぐ部品「フルーカラー」を今年ははずしました。
 去年ははずさず、内部の掃除をしたので今年は丁寧に、と。
 ガスケット(パッキンの役目をしているガラスウールの紐)も交換しました。

 そしたら、ナットが二つ、無くなりました。
 煙突がつけられません。

 一昨年はちゃんとマニュアルを確認しながら外したのですが
 今年は気楽にねじを外側から取ってしまいました。
 そしたら、内側にナットがついていたらしく、
 煙突掃除終了後に片付けようとしたときにはもう、後の祭りでした。
 ナットはストーブの奥深くに、落ちてしまったのでしょう。

フルーカラー

ストーブ本体の上に置いてあるのが「フルーカラー」です。
赤い丸のところあわせてボルトとナットで留めてあります。
だからボルトを外すときには手を入れて
中でナットが落ちないように受けなければならないのです。
それなのにワタシは煙突もつけたままで
外からボルトを外しちゃった^^;

紛失したことに気づいてから
家中のナットを総動員して合う物を探しましたが
ミリとインチの規格が違うそうで、どれも不合格でした。
結局、小畠さんにお願いして
ナットを送ってもらうことにしました。
ナット1つ300円也。
今回紛失したのは2つですが、転ばぬ先の杖ということで4つ購入しました♪

3.来年の課題
昨年、前の扉の周囲のガスケットを交換しました。
今年はストーブトップとフルーカラーのガスケットを交換。

まだ交換したことのないガスケット
・扉のガラスの部分
・2次燃焼の切り替え部分
・灰受けの扉周り
(他にも、ワタシの知らないガスケットがあるかも・・・)

今年のガスケット交換は、わりと簡単な場所でした。
でも、「2次燃焼の切り替え部分」のガスケットなんて
どうやって取り換えるんだろう?
それって、ストーブをかなり分解しなければならないような気がします。

ん~。
このような部分のメンテナンスもみなさん、自分でされているのでしょうか?

10/4の小畠さんであるメンテナンス講習会で聞いてみたいところです。



ムスメが煤で遊んでました。
最近すっかり、しっかり者になった感がありますが
やっぱりまだコドモ界の住人だなあと思うことが、時々あります。
煤遊び

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。