高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末の河童公園は晴天に恵まれ、大賑わいでした。
河童公園は我が家から徒歩10分のところにあります。
泳いでよし、魚をとってもよし、用水路を流れるプール代わりにしてもよし
地元の子供たちにも、キャンプに来た子供たちにも大人気です。

川の向こうには放牧された?牛。
牛と河童公園


そしてムスコの同級生が、発見!オオサンショウウオ。
オオサンショウウオ
「大きい石を取ったらおった!」
そうです。
あとでちゃんと逃がしてあげました。

オオサンショウウオがいる、とは聞いていましたが、
初めて見ました。
スポンサーサイト
友人家族と散々川で遊んだ月曜の夕方、洗濯機を回しました。

ばたんばたんばたんっ

怪しい音~!
エラーにはなっていないけれど一時停止して様子を見ようとしたらそれっきり、
大量の洗濯物を飲み込んだまま、口をあけてくれなくなりました。

我が家の洗濯機はドラム式ですが、上から開くタイプなので
ドラムがちゃんと回って定位置に来てくれないと開かなくなることがあります。
前回も同じでした。

ひぇ~!水着!
ムスメは翌朝学校の水泳教室だし、
ムスコは翌々日に臨海学校出発だから水泳用タオル(巻き巻きタイプのやつ)が
ちゃんと乾いてほしいんですけど~!

早速修理を依頼しましたが、翌朝、日程について連絡があるとのこと。

でも、朝まで待てないので、自分でなんとか蓋が開けられないかと
修理窓口の方に頼み込んで操作を教えてもらいました。
外の蓋は開いたけど、中の蓋が開けられない・・・
1時間以上格闘したけれど、あきらめました。しょぼん。

ムスメは、ちょっと(かなり)小さい水着をで出かけました。
(もしかして、オリンピック選手みたいにぴちぴちの方が早く泳げたりしてね^^;)

結局、翌日の夜(昨日の夜)修理に来てもらいました。
本当は「木曜日(明日)」と言われたのですが、
「水着が入ってるんです~ToT」
と泣きつき、無理やり日程の最後に来てもらえることになりました。

8時前に来て下さった修理担当さんは、
あっという間に蓋をあけ、原因を突き止めてくださいました。
今回の原因は・・・




ムスメの靴下、でした。



最近彼女は、面白がって遠くから洗濯機に投げ込むため、
洗濯機の回転ドラムと、内蓋の間に入っていたのでした。

目に見えるものは洗濯前に除けていたんですが
きっとすっぽり入ったのでしょうね。

もちろん、『洗濯物投げ入れ禁止令』発布しました。




夜、洗濯機の中身を濯ぎ直し干しましたが
ムスコの水泳タオルだけは乾燥機に掛けてやることにしました。
でも、ゴムがついていて「タンブラー禁止」になっているから
「縮み低減コース」にしようと「乾燥切替」ボタンを押すのですが
・・・・・
切り替わらないToT
メーカーの相談窓口に電話したところ、やはり故障のようです。



今朝、再度販売店に修理の依頼をしました。
はぁぁぁぁぁぁ。


この週末、Oさんの山の畑にお邪魔しました。
(コメント欄でいつも色々教えてもらっているOさんの山の畑はわりとご近所なんです)

ブルーベリー摘みをさせてもらい(摘みながらもたくさんいただきました^^;)
その後、山の畑をぐるっと案内していただきました。

もう、こんな畑、見たことありません。
すっごい美しく管理されていて、おいしそうなものがた~くさん、整然と植わっていました。
ワタシも家の目の前は畑や田んぼ、という暮らしを子供のころからしていますが
こんな綺麗な畑はありませんでした。

今までOさんの畑の写真はちょくちょく見せてもらっていたのですが
細切れの写真で見るのと畑全体を見るのでは大違い。
全体を見渡すと、素敵さ100倍でした♪

それでもOさんは
「週末しか管理できないからだいぶ手抜きで恥ずかしい」
なんておっしゃいます。
一体Oさんの理想の畑とはどんなの?!
今の畑で、私の想像できる「素敵な畑」の範囲を超えているんですけど・・・
朝のカッパ公園で発見。
30分くらいのうちに、どんどん色が濃くなってきました。
発見したときはもう少し全体が白かったです。

ムスコは「オニヤンマになる」と言いましたがどうでしょう?
(最後まで確かめずに帰ってきてしまいました^^;)

羽化したてのトンボ

先日オットの車を新しくしました。
昨年の夏から調子が悪かったのをだましだまし乗っていましたが
そろそろ潮時と。

新しくした、といっても中古車です。
オットは車雑誌が大好きですが、
自分の車に対する思い入れは雑誌への100分の1?
というわけで、中古車で十分!


毎回中古車ですが、今回は記念すべき車の交換でした。
というのも、
「事故で廃車にしたんじゃないけど、交換」
なんです~(ToT)


オットは自分では安全運転だと主張し、
今までの事故も(多くは)運が悪かっただけ、といいます。

しか~し、ワタシから言わせていただけば
あなたの運転は荒いです。
だってだって、気に入らない車が前にいても、横にいても
自分がスピードを出すことで回避するんです。
自分がゆっくりして後ろに下がって回避する、っていう発想がない。

だから、
「いつかこの人、交通事故死するんじゃないかしら」
と心配でした。
だって、毎回、廃車ですもん。
(車人生において、むか~し、一回だけ廃車じゃないことがあったらしい。結婚前かな)

それが今回は、車の調子が悪くなっての交換!
「大人になったね~」
と褒めました^^
今の家に入居して1年半が過ぎましたが、食卓と座卓は古いものをそのまま使っておりました。
両方とも結婚したときからのもの。

食卓は今の家には色が濃すぎ、小さすぎ、
座卓は安っぽい家具調コタツでやっぱり色が濃すぎでした。



この度、食卓、イス、座卓をセットで新しくしました。
ネット上で見つけた手作り家具屋さんの作品です。

テーブル

テーブルと座卓をくっつけたところ。
大人数での食事に対応♪
ちょっと、ビフォーアフターに出てきそうでしょ。
テーブルと座卓をつなげたところ

ちょうど二つの天板の高さがそろうようになっています。
和室は客用寝室にもなるので、座卓は分解可能にしてもらっています。



配送に来てくださったときに、色々なこだわりを教えてもらいました。
・テーブルと座卓、二つの天板の木目がつながるようにしてある
・イスを並べると、座面の板も、つなげてある
・やすりはかけず、すべてかんなで仕上げてある
 (すっきり仕上がるんですって)
・・・などなど


今は新品ぴかぴかのこのテーブルセットですが
いつか、使い込んだ、味のある我が家の家具に変化していくのだろうなぁと
それも楽しみです。




ムスメの身長が121cmになりました。
ワーイ、パチパチパチ^^

コドモにとって身長が120cmあるかどうかは大事なんです。

ファミリープールのウォータースライダーは身長120cmから。
遊園地のアトラクションもかっこいいのは身長120cmから。

ちなみにムスメは8歳。
8歳女子の平均身長は127.5cmなんです。(平成16年度学校保健統計調査速報 文部科学省)
う~ん、オチビ。


2年前、同級生がとっくに120cmの壁を越えて、
ウォータースライダーを何度も楽しむのに、
ムスメは何度トライしても入り口のお姉さんに無言で止められてました^^;
今年は堂々と行けるぞ~!
 


世間では七夕に電気を消して・・・という運動がありましたが
最近の我が家も消灯中です。

すっかり消すのではなくて、明かりをつけるのは食卓の上だけにし、
リビングや二階は極力暗いままにしています。

なぜかっていうと、それは虫がた~くさん飛んでくるから。
もちろん網戸はありますが、網戸を潜り抜ける小さな虫が沢山!
おまけに、うちの窓は輸入品で外に開くタイプで、網戸が内側なんです。

こんな風に外に開いて
外に開く窓

その内側に網戸をシャーっと下ろします。
網戸


何が困るって、夜になって窓を閉めるときに
窓についている虫がもれなく室内に入ってしまうんです ToT

だからなるべく明かりが漏れないように、虫さんたちに気づかれないように、
ひっそりひっそり暮らしているのです。
この週末から、高野町にも真夏が来ました!

扇風機を出そうか?と迷うくらい暑いです。
昨夜は、夜も窓を大きく開けたままで寝ちゃうくらいでした。
今夜はちょっと涼しくなったので、窓は閉めました^^;
(扇風機、未使用です。エアコンは、ありません)

高野町の真夏のイメージ、掴んでいただけたでしょうか?
最高気温はこんな感じ。
6日 30.5
7日 31.2
8日 28.3
気象庁によると3日間とも高野町にしては「最も暑い時期を上回る」気温なんですって。



昨日の七夕はみんなで星を見に外に出ました。
でも残念ながら霧?薄雲?のため、いつもより少な目の星でした。
北斗七星は見つかるけれど天の川はどこだかわからないくらい。

今夜は満天の星です。
けれども今度は小さな星まで沢山すぎて、
空一面、天の川状態に見えてしまう天文音痴のワタシです^^;
昨夜と今夜、立て続けに夜のお出かけをしています。
ホタル狩りとクワガタ採り。

家の周りにもホタルは飛んでいるのですが、
「高野町でホタルを見るならココ」
というのを地元のおば様たちに教えてもらいました。
(きっと、おちのさんが教えてくださる予定だったところと思います^^)

もう、大感激です。
家の周りにいるのとは比べ物にならない強い光のゲンジボタルがたくさん、たくさん飛んでいました。
空には星。
街灯はなく、通る車もなく、ホタルと星を楽しみました。

見に行った大きいゲンジボタル
大きいゲンジボタル

「ゲンジボタルはメスは、体長2cmくらい、オスは、1.5cmくらい」と読みましたが
捕まえてきたオスはどれも体長2cmでした。

家の周りのゲンジボタルとヘイケボタル
(ヘイケボタルかヒメホタルかと悩んでいましたが、
 「ヒメホタルはもうすこし後から」とご近所さんに教えてもらいました。)
ゲンジボタルとヘイケボタル

小さい方がヘイケボタルのメスで、体長7mm、
大きいほうがゲンジボタルのオスで、体長12mmでした。

・・・今気がついた。3匹を一緒に写真に撮ればよかった。もう逃がしちゃった・・・




ホタルの次はクワガタ採り。
なんでカブトとクワガタ採りではなくクワガタ採りかというと、
ここ高野町はまだカブトムシの季節ではないのです。
成虫で越冬するクワガタは6月半ば頃から出てきているようですが、
カブトムシは(育てている子によると)まだ幼虫だそうです。

カブクワは高野町の数少ない夜の光がある場所で探しています。

・あの店の自動販売機
・あの橋の街灯
・あの交差点の街灯
・ソフトボールのナイターの灯り(ナイター練習してれば)
・テニスコートのナイターの灯り(ナイター練習してれば)
こんな感じ。

今夜は史上まれに見る大猟でした。
・大きいノコギリクワガタのオス
 (バックは小六のムスコの手です)
大きいノコギリクワガタ

・小さいノコギリクワガタのオス
 (あんまりツノの形が違うから、ワタシは別の種類かと思いました^^;)
小さいノコギリクワガタ

・コクワガタのオス(だったと思う。ムスコが寝ちゃって確かめられない)
コクワガタのオス

・そのほかメス色々(・・・名前を忘れました)


あぁ、楽しかった♪
高野町のりんご農家さんには、さくらんぼも栽培されているところが数軒あります。
今年もさくらんぼの季節となりました。

町内のお店に出荷されるほか、
贈答用の注文も受付があります。

毎年生協でお中元を注文していましたが、去年から高野町産さくらんぼに変更しました。
とっても好評です♪

栽培農家さんに直接注文に行ったので、ついでに家族用にも買いました。
大きさ・品種ミックスのお買い得品です。
高野町産さくらんぼ

きっちり数えて、みんなで分けて食べました。

出荷作業場では、熟しすぎて出荷できないさくらんぼをつまみ食いさせてもらいました。
幸せでした~♪
ここ2年弱ですが、我が家は季節を問わず時々百人一首をしています。
きっかけはムスコの宿題に百人一首の音読があったこと。


ワタシは高校生のときに夏冬の宿題で丸暗記させられました。
が、意味はさっぱり。
でも今は(昔からか?)いいものがあるんですよね。

小学生のまんが百人一首辞典小学生のまんが百人一首辞典
(2005/12)
神作 光一

商品詳細を見る


わかりやすく一首ずつまんがになっています。
やっと全部の歌の意味がわかりました^^;

しかしこの本、なにがすごいってまんがの絵がすごい。
何人かで数十首ずつ分担されているのですが
コンピュータで書いた少女漫画風イラストあり、
みやげ物やにあるような日本昔話風イラストあり、
どうみても小中学生レベルの水彩画あり。
イチオシはなんといっても小中学生レベルの水彩画。
塗りムラたっぷり、人物デッサンはもちろん狂いまくり。

「価格: ¥ 1,050 (税込)」
にするためには、絵のレベルまで気にする余裕がなかったのかしらね。




ワタシが子供のころからある百人一首カルタ(古!)を実家から持って来ていますが
最近すっかり箱がぼろぼろになって崩壊しそうだったので
これまたワタシの子供のころからの秘蔵の千代紙で貼りなおしました。
百人一首

内箱だけね。


■週末の戦績

・オット vs ムスコ 
 → 11枚差でムスコの勝ち。
   ムスメが歌を覚えていないチチに有利なように超高速読みをしてアニを苛めてました。
   もっとゆっくり読んだら30枚近く差がついたでしょう。

・オット&ムスメ vs ワタシ
 →40枚差でワタシの勝ち^^

・ムスコ vs ムスメ
 →33枚差でムスコの勝ち
昨夜は母子3人で蛍を見ました。

裏の畑には一昨日同様数匹の弱い光がありました。
その後、今度は前の道路へ。
田んぼを覗き込むと、うわぁ、とってもたくさんの蛍です。
10以上の光がありました。
乱舞、というほどではないのですが、例年家の周りは数匹で、
「あそこに。あ、ここにも」
くらいなので、びっくりしました。

3人並んで蛍に見とれていたら、ムスコが
「ほー、ほー、」
と歌いだし、みんなで「ほーたるこい」と歌いました。

いやぁ、蛍にもびっくりしたけど、歌い始めたムスコにもびっくり。
もう小六ですよ・・・
あの歌で本当に蛍を呼び寄せたいと思ったのか
それとも単に歌いたかったのか。
尋ねたらもう歌ってくれない気がして、聞けませんでしたが
普段、口笛は吹いても歌うことはないのでよけいにびっくりしました。


田んぼの蛍は弱い、小さな光でした。
道路のほうへ飛んできたので捕まえてみると、5㎜くらいでしょうか。
つまむと死んじゃいそうなくらい小さな蛍でしたが
子供が手に乗せているうちに、飛んで行ってしまいました。


今度は家の横の谷川へ。
こちらには強い光の蛍がいました。
これも素手で捕獲。
さっきのとは明らかに種類が違うようです。
大きい。
調べるとゲンジボタルのオスでした。
ゲンジボタル



田んぼの蛍はヘイケボタルだったのかなあと思いましたが、
調べてみると、ヘイケボタルは体長7~12mmとのこと。
暗くてはっきりとはわからなかったけど、もっと小さかったような。

ここを見ると、ヒメホタルという種類もいるようです。
「キンボタルとも呼ばれており、ゲンジボタル、ヘイケボタルと違い、生息のために水辺を必要としないため、森林の中に生息しています。
オスのほうがメスより大きく、オスは、体長6mmくらい、メスは、4mmくらいと極めて小型のホタルです。メスは、羽が退化し飛ぶことができないことから生息区域を広げることができません。つまり、このホタルがすんでいるところは、昔からの自然の状態が保たれている場所といえます。」

今度捕まえたら、家に持って入ってよく見てみようっと。

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。