高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は運動会。
小学校と町内2箇所の保育所合同で開催される運動会なので
まさに町をあげてのお祭りです。
おじいちゃん、おばあちゃんから赤ちゃんまで、家族みんなの応援となります。

当然、お弁当はお重箱に入って豪華絢爛。
そのお弁当作りは午前3時から始まるとの情報が。

がんばって5時から、と思っていたワタシは、びっくり仰天。
信じられなくて、先日のPTA草刈のときに聞き取り調査してみました。

「おばあちゃんと一緒に作るので5時から」
「4時半から」
「おばあちゃんは5時から、私は6時から」

3時開始はガセネタか?!
と思ったら、おいででした。
「うん、3時からよ。Mさんも3時からって」

ひょ~っ

運動会当日は各家庭のお弁当の写真集作成をしたいかも。
もちろん、作成開始時間つきでね。
スポンサーサイト
先日聞いたセミの声

夏と間違えて出てきたかわいそうなセミかと思っていたら
ハルゼミ」という、春に鳴くセミがいるんだそうです。

へぇぇ。

昨日は小学校運動会前のPTA草刈作業の日でした。
夕方17:30開始です。

草刈、ですよ。くさかり。
草取り、ではないのです。

地区ごとに分担区域が決まっていて(校庭の東側、とか)、道具も地区で用意します。

用意するもの
・エンジン式の草刈機
・フォークまたはレイキまたはクマデ(何?というかたはこちらを)
・軽トラック

昨日は午後から雨の天気予報でした。
「雨のときは~?」とお知らせを見ますが、何も書いてありません。
もしかして、雨天決行?!
友人に問い合わせたら、「やるでしょうね~」とのこと。

作業用のカッパは持っていないので、自転車用ポンチョで参戦しました。
結構本格的な雨の中の作業となりました。

草刈


他の保護者「街の敷地の小さい学校だったら、草刈面積が小さくていいだろうなあ。」

ワタシ「広島市ではPTAの草刈って聞いたことなかったですよ~。
 草取りがあるところはあったみたいだけど。
 うちの子たちが行ってた学校は掃除時間の草取りだけで間に合うのか
 PTAの草取りもなかったです」

他の保護者「・・・。いいなあ。」



かつてワタシが「PTAの草刈り」を想像したことがなかったように、
高野町の保護者は「PTAの草刈りのない世界」があるなんて、
想像されたことがなかったようです。
ムスメはまだ歯磨きの仕上げが必要です。

先日の夜、ワタシはあせってアイロンがけをしていました。
オットは昼の肉体労働でヘロヘロ。

ムスメ「だれか仕上げして~」
ワタシ「お母さん、今忙しいっ」(殺気立ってます)
オット「お父さん、だめ」(すでに布団へ移動中)

(ちっ。やっぱりワタシか。)と思った瞬間、

ムスコ「お、俺かぁ?」

お~、その手があったか!
ワタシ「ありがと~。よろしくね~。」
速攻お礼を言っておきました(後戻りできないように^^;)

なんだか、兄妹二人とも、すごく嬉しそうで、
無事に仕上げ磨きが終わりました。
ムスコの成長に、びっくりの夜でした。
昼時、セミの声が聞こえました。
「早くない~?高野だよ~、ここ!」
と、職場の同僚と顔を見合わせました。

ミンミンゼミが1匹、でした。

職場のストーブを、そろそろ片付けてもいいんじゃないか?
といっている今日この頃ですが、
セミが暮らすにはまだ寒いのではないかと。

セミさん、今頃後悔してないかなあ。
今年もババケムシ行進中です。
ババケムシ

毛虫に触るのはいやだけど、こうしてアップで見てみると、
つやつやしてキレイ・・・
って嫌いな方には辛かったでしょうか?ごめんなさい。


でも、去年ほどにはありません。
「きゃあ~、どこを走ってもババケムシを轢いてしまう~」
ということはなく、ゆっくりとババケムシを迂回して車を走らせています。

だから、ババケムシ大量発生はもう少し季節が進んでからかと思っていたら
去年の大量発生の日記は5月8日でした。
今年が少ないのか、去年が異常だったのか。
答えは来年まで持ち越しです。

参加してきました。
いや、ムスメが参加するのについて行きました。

この大会、参加無料なのに参加賞がとっても立派で
オヤとしてはそれにつられて昨年に引き続いての出場です。

ムスメは、3位までがもらえるカップにあこがれての出場です。
昨年は保護者同伴で1.5kmだったため、ワタシが遅く、お話になりませんでした。
(でも、本人の自己最高記録なら入賞可能でした^^;)
今年はやっと保護者同伴が不要な学年になりましたのでね^^

結果は、残念ながら一歩及ばず4位。
3,4年生女子の部、だったので4年生として出場する来年こそは!
と言ってます。

実はこの大会、庄原市全体から募集するにもかかわらず、
出場者がとっても少ないのです。
運動会が重なっている学校が多いためとか。
今年も、6位までの入賞者がそろわない(つまり、出場者が6人いない)部が
たくさんありました。
来年こそは3位までに入ってカップをもらいたい!といっているムスメですが
来年も大会が存続していると、いいなあ。
ムスコが下校中に怪我をしました。
以前全国的に話題になった、ガードレールの破損が原因でした。

ガードレール破損


ここは車1台がやっと通れる橋です。
ムスコは車が来たので端っこに避けて歩いていたら、
ちょうど破損したところでジーンズの上からぐっさり切ってしまったのです。
(ズボンが破れているの、わかるかしら?)
幸い怪我は、消毒をしてガーゼを当てておけばよい程度でした。

聞けば、冬にもスキーウエアのズボンをここで破いたとか。
(あ~、なんか「破いた」って聞いたかも・・・。すまん、ムスコよ。)

これはガードレールを是非直してもらわねば、と翌朝、庄原市役所高野支所に行きました。
県道になるので、ほかのところにお願いしなければならないのかしら?
と思いながら事情を説明すると、
「それはすみませんでした。これから直しに行きますから!」
と立ち上がられるではありませんか!

夕方橋を通ったら、本当にもう、突起部分が反対側(道の外側)に折り曲げてありました。
小さい町ならではの、ありがたみを感じる出来事でした。
昨日は小さい田んぼの田植えでした。
ほとんどの田植えは機械でやるのですが、この田んぼは小さすぎて機械が入りません。
去年に続いてムスコとムスメもお手伝いさせてもらいました。

いざ出陣。
これ、何をするものかわかります?
出陣


田んぼに苗を植えるための線を引きます。
私の実家のほうでは縦横に引いて碁盤の目のようにしるしをつけていましたが
お義父さんは縦だけでした。
線を引く

線に沿って15センチくらいの間隔で植えます。
ムスコとムスメは一歩ごとに大騒ぎ。
みんなで田植え

でも、「楽しかった~」と帰ってきました。

9時に始めて10時には完了。
田植えを終えて水の入った田んぼです。
田植え終了




昨日実家の両親が来て今シーズン2度目のワラビ採りに行きました。

ところが、ま~ったくありません。
どっさり生えているはずなのにと探すと・・・ありました。
こんなのが。
枯れたワラビ

立ち枯れちゃってます。

よく見ると、ワラビもゼンマイもタラノメも枯れていました。
枯れたタラノメ


雨が少なくて枯れた?!
と一瞬思いましたが、いやいや土砂降りの雨が先日ありました。
原因は5月12日の最低気温、-0.8度と霜なのでは?と話しました。

家に帰って義父にワラビが枯れていた話をすると
「ははぁ。霜に食われたんじゃのう。」
って。
「霜に食われる」っていうんですね~。
う~ん、その表現、ぴったりかも。



これは前回の成果。
ワラビ


ところで生のワラビって甘いのでしょうか?
アリが何匹も集っています。
払ってからかごに入れているつもりでもやっぱり残っていました。
ワラビは甘いのか






まだこれから生えそうなワラビがたくさんあったので
それが成長したころワラビ採りは再チャレンジする予定です。

山は、ようやく緑が茶色に勝ってきましたが
まだ新芽の白っぽい色が目立ちます。
淡い緑の山
先日のコシアブラ、やっぱり本物だろうということなので、塩茹でして食べてみました。
コシアブラは塩茹でして刻んでご飯に混ぜても美味しいというので、塩茹ででも美味いはず。


もぐもぐ。
…え、えぐいっ
山菜らしいといえば山菜らしい強い香りでした。

このえぐみは、ちょっと葉っぱが育ち過ぎたためか
それとも収穫後2日置いてしまったためか(タケノコなんかは日がたつほどえぐくなりますもんね)
はたまた、やっぱり違ったからか。


結論は来年の春まで持ち越しです。
今度こそ採り頃のコシアブラを見つけるぞー!
今朝は寒かった!
気象台観測の高野町の最低気温(うちから数百メートルの地点)が-0.8度でした。

外ではプラスチックのケースに溜まった水に氷が張っていました。
(いや、いたそうです。オット目撃。ワタシは寒いので外に出ていません)
霜も降りていたようで、日が当たった途端、屋根からぽたぽた水が落ちました。

という訳で、今朝も薪ストーブのお世話になりました。





余談。

ムスコを
「今朝は外は寒いよ。うちはお父さんがストーブ焚いてくれてるよ」
と起こしました。
数分後、降りてきた息子。
階段の途中から薪ストーブを見るなり
「(どすの聞いた声で)点いてないじゃんっ」

いや、点いてるんですけどね、もう火が落ちかけてるんですよ。
でも、ストーブの周りは暖かいし触ると熱いよ。
って、何で怒るの?
はぁ。
おちのさんに教えてもらったサイトを夫婦で睨んでから、
コシアブラ採りのリベンジに行きました。

自信満々採ったのがこれ。
コシアブラと思ったのに

教えてもらったように、枝は柔らかくよくしなりました。

いや、少し不安はありました。
なんかふさふさ産毛があります。
でも、きっと、ちょっと育ったからかな、と。
コシアブラではないのか


でもでも、帰る途中に大事なことを思い出しました。
別の方のブログに「二つ対になって生えている」とありましたが
私たちが取ったのはてんでばらばらに生えてました。


しょぼん。
また違ったみたい。

でも、なんだか美味しそうな葉っぱだから茹でてちょっと食べてみようかな。
母の日のプレゼントで、ランチを食べに連れて行ってもらいました。

イタリアンを希望したので、ネットで調べて、
出雲のイタリア料理店「デルフィーノ」
にしました。

パスタランチが1050円と、とってもお得なお値段だったのでムスメも一人前に頼むことにしました。
大人のメニュー(ランチのようなセットもの)を4人分頼むのはほとんど初めてではないかしら?

パスタは好みのものをそれぞれ選びました。
オット:ゴルゴンゾーラのペンネ
ワタシ:境港産片口イワシのスパゲッティ シチリア風
ムスコ:旬の活あさりのスパゲッティ
ムスメ:シチリア風ミートソースのペンネ

いろいろ頼むと誰のが一番美味しいか勝負!って気分になります。
結果は・・・二つのペンネが大人気でした。
あさりのスパゲッティはワインの香りが強かったのと
イワシのスパゲッティはイワシがちょっともそもそしたのが敗因でしょうか。

でもでも、みんなで交換しながら美味しくいただきました。

全般にもう少しアルデンテで、スパゲティがもう少し細めだともっと嬉しかったかな。
でも、また行きたいお店です。
りんごの花は、散り始めくらいです。
これは水曜日に撮った写真。
ちょっと満開を過ぎたくらいでしょうか。

満開のりんごの花

一面、りんごの花だらけです。

一面のりんごの花

りんごの収穫は早いものは9月、一番遅いふじは11月と品種によって時期が違いますが
花が咲くのは1~2日しか違わないのだそうです。
だから、本当にりんご畑はきれいです。

道の両脇がりんご畑



今、高野町は田植えのピークを迎えています。
うちの田んぼにも水が入りました。

田んぼに水が入りました

夜はカエルの声が大きいです。
春が一番大きいような気がします。
声を聞くのが久しぶりだからかしら?
美味いと思ったコシアブラ、コシアブラじゃなくて有毒のウルシだった~~~!



前回、採取前にネットで「コシアブラ」を調べ、夫婦で画像を睨んで行きましたが
どちらかというとオット任せの他力本願だったワタシ。
オットが
「コシアブラとウルシは、よく間違うらしい」
といいながら
「これがコシアブラだ!」
というものを採りました。

1日目、てんぷらにして家族7人で堪能。
みんな美味しいと食べ、もちろん疑いもせず終わりました。

<ここで前回の記事アップ>

2日目、ワタシ一人でまた採取。
今度は美味しいと教えてもらったおひたしに。
これが、ぽそぽそしててぜんぜん美味しくない。
みんなちょっぴりかじって終わりました。
でもまだ疑わず、おひたしの調理法に問題があったのではと考えました。

3日目、実家の両親がわらび採りに来るので、ついでにコシアブラも紹介しようと考えました。
そこで、おひたしの作り方を検索。
しかし、特にコツはないらしい。
そこでやっと怪しいと思って、もういちどコシアブラの画像を見ると、
ワタシが採ったものとちょっと違う?!

そこで「コシアブラ ウルシ 見分け方」なんて検索してみました。
すると私達が食べたのは正に「ウルシ (有毒)」ではありませんか!!!
きゃ~!
みんなに毒、食べさせちゃった~!
(でもみんな元気でかぶれたりもしなくてよかった。ほっ。)

その後、もう一度教えてもらった道に行ってみたのですが
峠まで行っても「コシアブラ」は見つけられませんでした。
しょぼん。



これが食してしまった木の芽。ウルシ(と思います)。
コシアブラではなくてウルシ


今日は、初めて「コシアブラ」というものを食べました。

コシアブラという木の新芽です。
タラノキと同じウコギ科という仲間の木だそうで、一説にはタラの芽よりも美味しいと言われているとか。

Oさんからうちのすぐ近くにあると、場所を教えていただいたので早速行ってきました。
本当にすぐ近く、車で2分くらいの林道です。

タラの芽は、とげがあるので採るのに気を使いますが
コシアブラはとげはないし、やわらかいし、素手で簡単に採る事ができました。
出発から帰宅まで約20分、たっぷり収穫して来て早速てんぷらにして食べました。

美味しい~!!!!
コシアブラの味、というのは感じませんでした。
癖がない、というのかしら。
サクサクのてんぷらで、山盛り作ったのにあっという間になくなりました。

タラの芽も一緒にてんぷらにしたので食べ比べてみました。
ワタシと義妹の感想はそろって
「違いがわからない~^^;」
でした。
だってだって、どちらも癖が無くってサクサク食べやすいんですよ。
ということで、我が家では
「タラの芽より美味いコシアブラ」
ではなく
「タラの芽との違いがわからないコシアブラ」
となりました。

タラノキよりたくさん生えているようだし、
とげが無くて採りやすいし、
いいことだらけかもしれません。
Oさん、ありがとうございました~。

昨日は義弟が裏の畑からワラビを、
義妹が家の周りから山椒の芽とコンフリーを、
オットが裏山からタラの芽をそれぞれ採ってきてくれて、
全部てんぷらにして食べました。
てんぷら続きで太りそう^^;

実家で採って来たタケノコもあり、春の味満載の我が家の食卓です。

高野町ではりんごの花が咲き始めています。

りんごの花

緑の葉っぱがちょっと出て、そこに白とピンクの花が咲いて。
緑と白とピンクの、なんだかウキウキしてくる色合いです。
まだ花が咲いていない木もありましたが
これからどんどん咲いていくのでしょうね。

GWは高野町でりんごの花を見ながらお弁当、というのがおススメかも。

やっぱり品種によって咲く時期や花の色や形が違うのかしらね。

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。