高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この週末(2/2-3)は広島県の雪合戦大会が高野町であります。
ムスコ達の小学生の部門は3日に。
2日は大人の部の予選があります。
私は2日は丸々大会運営のお手伝いで出動です。
たくさんカイロを使いそうな週末です。
雨が降らないといいんだけど。



昨日はムスコ達、県大会前の最後の練習でした。
だけど、なんだか人数少ない~。
なにしろ小学校でインフルエンザ大流行中なのです。
4年生と5年生は今日、明日の学級閉鎖が決定しました。

昨日から休み始めた選手もいるので、県大会本番が心配です。
次の週末(2/9-11)は小学生の全国大会で岩手に行くので
そっちもみんな元気でいてほしいんですけどね。

なにしろ旅行代金のキャンセルが出来ないので
絶対行かねば飛行機代がもったいない…




今日の練習には高野町内のレディースチームが練習試合に来て下さいました。
今までも中学生が練習試合に来てくれていました。
強い相手や、違う戦術の相手と練習するのは
とっても力になることと思います。
無償で快く協力してくださる方々に感謝です。

小学生の練習は5:30-19:30、体育館でやりましたが
練習に付き合ってくださったレディースチームは
その後外のテニスコートでまだ練習をするんですって!
雪の中ですが、どのチームも県大会に向けてラストスパートですね。
ご検討をお祈りいたします。


スポンサーサイト
ローストチキン


初チャレンジしました。

スーパーで丸鶏を注文したら1.3kgもあるりっぱな鶏を仕入れてくださり
10インチのダッチオーブンにぎゅうぎゅうと押し込みました。
おなかの中にはにんにくと塩コショウしてスライスした砂ズリを入れています。
砂ズリは家族の希望で、私にはその必要性のわからないままに入れましたが
結果的には一番人気となりました。
ムスコ曰く、にんにく風味と歯ごたえがいいんだとか。
ローストチキン本体も美味しかったですよ。

10インチのダッチオーブンを薪ストーブの炉内に入れて、ふたの上に炭を乗せました。
でも、キャンプダッチではないため、ふたに丸みがあり、
炭がコロコロ出てきてしまいムスコと二人で大騒ぎをしました。
薪ストーブ前に敷いている無印のウールカーペットに焼け焦げが出来てしまいました。
とほほ。

次にまたやるなら…丸鶏はもう少し小さいもの(1キロくらい?)をサイズ指定で
お願いしようと思います。
ん~、でも、またカーペットを焦がしそうなので
当分はストーブトップでできる蒸し鶏でいいかも、です。
室内用薪棚、最初に作った時には左右にしか分割されていませんでした。それはそれでたくさん格納できたのですが、不便なこともいくつかありました。

・薪の補充をするときに、古い薪(よく乾いている)が下になってしまい
 いつまでも使えない
・大きい薪や小さい薪を分けて入れることができない

そこで上下2段に分割してみました。
薪棚進化形?


上下2段にしてすぐは、まだあまり寒くなかったので上下とも割った薪を入れていました。
上段、下段を交互に使うことで室内で十分暖かく乾燥した薪を常に使えるようになりました。

最近はもっと寒くなって夜間など太い薪を使うようになったので
小径木、割った薪、太い薪に分けて入れるようにしました。
(薪棚が満杯だと豊かな気持ちになります^^)

この薪棚、縦130センチ、横130センチ、奥行き50センチで2×4の木材で作っています。
もうちょっと改良したいなあと思っているのが向かって左側の部分。
柱と柱の間が33センチくらいあるので、短い薪は落ちてしまいます。
今は左端には長めの薪を選んで選んで、パズルのように入れています。
だから真ん中にもう1本柱を入れると楽になるかなあ、と。
幸い外側からねじで留めるだけだから中の薪はそのままでも作業できるはず。

我が家の薪ストーブは50センチくらいの薪が入るので、
全部の薪を50センチくらいで作れば問題ないんですが
もともと薪用に木を伐採しているわけではないので
どうしても短い薪が多くなります。


最近は朝と夜焚いていて、1週間にこの薪棚2杯くらいの薪を使います。
冬の初めはこれ1杯で1週間だったんだけどなあ。
オットは「今シーズンの薪は足りるだろう!」と宣言してましたが
私はやっぱりちょっとドキドキです。



今朝は-2度くらい。最近の中では暖かい朝でした。
窓の結露は水のままだったしね。
昨夜からの雪で世界はまたまた真っ白です。

# いや、もともと真っ白ですけどね。
# 積もりたては白さが違うんです。

新しく5センチかな?10センチかな?積もりました。


ムスメは今日2回目のスキー教室です。
小学校にて。
前回どこでやったのか聞いてみたら
「体育館の前のグランドに降りる坂」
とのこと。
と~ってもゆるやかな短い坂です。
そりなら進まないぞっていうくらいの。
でも、とっても楽しかったんだって。
かわいいのぅ。
今朝は寒かった!

今朝の高野町は-10度だったそうで、
和室のペアガラスの結露が激しく凍っていました。
いつもは下の窓枠に結露が垂れた所だけが凍るのですが、
今朝は窓ガラスの下部10センチくらいが凍っていました。
凍る窓


いつも日中は障子を開けますが
今朝は結露を拭いたら、もう一度障子を閉めてしまいました。
障子


木々は霜がついて真っ白です。
綺麗なので写真を撮ろうと思いましたが、
掃きだし窓は凍ってて開きませんでした。
白い木

窓のホコリでボケました^^;

そんな朝でも、室内は18度もありました。
薪ストーブは昨夜10時頃に最後の木を入れたので
すっかり冷えていましたが。
暖かい家を作っていただいて本当に感謝しています。

このくらい外気温が下がると、室内の空気が乾燥します。
冬季の我が家は洗濯物が常に室内干しなので
(なにしろ外は凍りますから)
洗濯物が加湿器代わりです。
大体50%くらいの湿度を保っています。
でも今朝は45%くらいで、ちょっとのどがひりひりしました。
昨夜からストーブの上は満員御礼でがんがん加湿しているのですが
夜中は薪ストーブが消えてしまったのと
外の空気が冷えすぎですかね。

加湿中


11時現在、まだ-2.8度だそうです。(気象庁発表
このところ高野町は毎日銀世界です。
今日は久しぶりに太陽を見ましたが、昨日や一昨日は一日中降ってました。

一昨日の会話
煙突の修理のために三次の業者さんから電話がありました。
業「今日行こうと思うんですけど」
私「えっ!今日、吹雪ですよ。屋根にも10センチくらい雪があるし。」
業「えっ!こっちは晴れてるんで行こうかと思ったんですけど…。
  屋根の雪を下ろしながら、屋根に上って煙突のサイズを測ろうと思ったんですよ。」
私「いや、雪かきするはしから積もりますから、無理です。」

そして昨日、連絡がないので(雪だから)あきらめられたのかなあと思っていました。
ところが突然屋根から足音が。
業「雪でだめでも、現場の確認だけでもしようと思ってきたんです。
  雪が小降りだったので、上りました。
  いやあ、庄原回りできたのですが(湯川の)トンネルを抜けたらいきなり雪があって
  びっくりしましたよ~。」
なんとか無事に作業が終わってほっとしました。



今日の積雪は30センチくらいかしら?
道路は真っ白です。

以前は「雪が何センチ積もっているか」は屋根を見ればよい(屋根が一番たくさん積もっている)と思ってました。
でも、高野町では違うことがあります。
風が強いと屋根の雪は吹き飛ばされていつまでも積もらず、
地面にだけ溜まります。
ここ数日の降り方もそのタイプのようで、屋根は毎日10センチくらいですが
ごみを捨てに行って(我が家はコンポスト使用)びっくり、
30センチくらいありました。

屋根に雪が積もって何日か経つのでだんだんつららが育ってきました。

つらら


これは年末のつらら。
今はまだここまで大きくはありません。

我が家の給湯設備はエコキュートです。

エコキュートは深夜電力(安い)を使ってお湯を沸かしています。
だから毎日どのくらいの量のお湯を沸かすかが
電気料金を安く抑えるにあたってとっても大事です。

入居して1年弱、「おまかせ」モードで運転していました。
これは毎日のお湯の使用量をエコキュートさんが監視して
「では今夜はこのくらい沸かしておいてやろう」
とお湯を沸かす量を決めてくれます。
コンピュータ制御でお得な運転をしてくれるとの宣伝でした。

ところがこの「おまかせ」モードだと、毎晩のように
「お湯の量が少なくなりました。沸き増しをお勧めします」
とエコキュートさんからのお知らせ(音声)があります。
そして「おまかせ」モードなのでそのまま沸き増しを行ってくれています。

結局毎晩のように「深夜」でない時間帯にお湯を沸かすことになってしまいます。
なんだかくやしい。

そこで、「深夜のみ」というモードにしてみました。去年の秋口のことです。
「深夜のみ」には
・熱いお湯を沸かしておく
・少しぬる目のお湯を沸かしておく
2レベルあって、「少しぬるめ」にしていました。

これだとあの忌々しい(?)
「お湯の量が少なくなりました。沸き増しをお勧めします」
アナウンスも聞かずにすみ、いい感じでした。
肝心の電気料金は…あまり変化なし。

しかし、12月も半ばを過ぎ外気温が下がったためか
「少しぬるめ」ではまたしても
「お湯の量が少なくなりました。沸き増しをお勧めします」
が聞かれるようになりました。

そこで「熱いお湯」モードに変更しました。

それから1ヶ月。
電気料金のお知らせが来ました。
なんと!先月より3千円、前年同月よりも100KWも
たくさん使っているではありませんか!!!

が~ん。
とりあえず「おまかせ」モードに戻しました。
コンピュータに負けました。
コンピュータさん、あなた賢いのね…

エコキュートを使っている他所様はどんなモードで運転されているのかしら?
知りたいところです。
高野町の冬といえば雪。

冬の体育では雪合戦あり、スキー実習あり。

学校にはそりがあり、休憩時間には自由に使っていいのだそうです。
高野町で育った夫が子供のころは、学校のそりはなかった代わりに
家からそりを持っていって遊んでいたそうです。

スキー実習は3年生以上はバスに乗って本物のスキー場に行きます。
今年はドルフィンバレイの廃業で島根県の琴引まで行きました。
2年生以下は学校で。
(どこでやるんだろう?グランド?裏山の斜面?)

スキー実習に備えて娘のスキー道具一式を小学校に持って行きました。

ちょうど掃除時間でした。
なんと!外掃除の担当の子供たちは手にスコップ!
外掃除は雪かきだったのでした!
雪があったら掃けないもんね~。

それもプラスチックの子供用のスコップではなく、
りっぱなアルミの角型のスコップです。
そうよね~。
プラスチックのスコップじゃあ、固まった雪に勝てないもんね~。

冷静に考えれば冬季の高野町に於いて掃除時間に雪かきは必然なのでしょうが…

夫に話したら案の定
「それがどうした。あたりまえ。」
という反応でした。
年末から年始にかけて雪がたくさん降りました。
ピーク時には実家に行っていたのですが、1mを少し超したようです。

この家に入ってから1mを超す雪は初めてでした。
1月6日になって、積雪被害があることに気づきました。

その1
テレビのアンテナが雪に押されてあさっての方向を向いてしまいました。
複数の民放画面が、現在ざらざらです。

その2
屋根から雪が落ちるときに薪ストーブの煙突の囲いを擦ったらしく、破損しました。
煙突そのものは鉄の丸い筒ですが、その周りが四角く囲ってあります。
囲いの表面の素材がALCというコンクリート製の板で、
硬くなった雪に負けてしまったようです。
幸い雨漏り等はありません。

両方とも修理してもらうことになりました。
大損害です T_T

修理費用そのものはたいしたことないのですが
何しろ屋根の上のことなので足場を組んだりするほうに
修理費用の約2倍も掛かるのです。

火災共済に入っていて、自然災害特約をつけているので保険がおりる予定です。
けれど、実際に修理にかかる金額に基づいて補償してくれるのではなく
保険会社が見積もった修理費用に基づいて補償するんだそうです。
むむ~
保険会社からは現状の確認に来られましたが、まだ補償額の連絡はありません。
しっかり補償されますように…

今日から修理工事が始まりました。
今日は足場の組み立てです。
霙の中の作業でとっても寒そうで、申し訳ないようです。

と、ここまで書いてふと外を見ると…
なんだか静かです。
人の気配がありません。

トラックもありません。

がーん。
終わったのかしら?

おいもドーナツ作ってお茶の準備してたのに
だまって行っちゃうなんて。

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。