高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家の裏にあるお茶の木。
そろそろ新芽がいい感じになりました。
八十八夜は多分ずいぶん前に過ぎたはずですが、ここは高野町。春はゆっくり、夏もゆっくり来るのです。

煎茶の作り方はあちこちのHPで研究しましたが、さらに勝手にアレンジした超我流です。

まずはお茶の葉を摘んできました。
摘んできたお茶の葉



次に蒸し器で数分蒸しました。
蒸すとふわっとお茶の香りが出てきました。
次に、電子レンジに1分ずつかけながら、揉んでみました。
だんだん乾燥するにつれて煎茶らしくよりがかかってきました。

煎茶らしくなった


入れてみました。

入れてみた


新茶らしい、さわやかなお茶になりました。
お店で買うような甘みはないけどね。

次は番茶に挑戦だ!
(お茶の木は三本しかないため、早晩木が丸裸になってしまいそう^^;)
スポンサーサイト
昨日は運動会を前にした、学校の草刈りでした。
草取り、ではない、草刈り、です。
前の学校では草取りすらなかったし、家でも草取りしかした事がない私は「草刈り」初体験でした。

以下のものが準備物として書かれています。

・軽トラ(地区で2台)

・草刈り機
・カマ

・フォーク
・レイキ

?????です。

軽トラは、義父のがあるけど、私には運転できない(私の運転技術はオートマ限定)ので、パス。
草刈り機も、義父のがあるけど、使ったことないから、パス。
カマは、一回だけ、蕎麦刈り体験で使ったぞ。
フォーク?
レイキ?

実は今年はPTAの地区役員(学年ではなく地区から選出される)になっているので、役員による事前打ち合わせにも出席しました。そのときに配布予定のプリントが提示され、「これでいいですか?」と聞かれましたが、あまりにも初歩的な事でわからないため、恥ずかしくて何も言えませんでした。

でも、こっそり隣の席の人(夫の同級生で顔見知りだった^^)に聞きました。

私「フォークって、食事に使うフォークの大きいの?」
隣「そうそう」

私「レイキって?」
隣「熊手みたいなやつよ。(絵を描いてくれた)」
私「うちにもあるかな?」
隣「普通、あるよ」

私「フォークとレイキって、どっちが初心者向き?」
隣「レイキかな?」
私「わかった。レイキにする。カマももって行くの?」
隣「そうそう」

当日は義父にレイキとカマを借りて行きました。
義父はちゃんとカマを研いで準備してくれていましたが、古いものだったので、義母がこっそり自分の秘蔵の?新しいカマを貸してくれました。
「みんな、きれいなのを持ってこられるのよ。」
って。
お義父さん、お義母さん、ありがとうございます!

草刈り本番では、カマは使わずレイキで草を集めるだけでした。
草刈り機の人がいっぱいいたからね。
私のレイキ使いは、上手ではなかったかもしれないけれど、まあ、合格点だったでしょう。(たぶん)

ここ1週間くらい、草刈りをソツなくこなせるか心配でしたが、一安心。雨さえ降らなければ、来年からも大丈夫です。(少雨決行なので、雨ならカッパが必要らしい。100均のカッパじゃ役に立たなさそうで、農作業用のカッパが必要かなあと。)
マラソン大会の後遺症の筋肉痛、今日は楽になってきました。
ということは、大会翌日の昨日がピークだったということです。
ちょっとほっとしたりして。
昨日は庄原で開催された庄原市民健康マラソン大会に出場しました。
本当は子供たちだけ出場させたかったのですが、小学校2年生以下は保護者の伴走が必要で。

周りは、やる気満々の若いお父さんたちが大勢です。
走る前から、ムスメには
「ごめん、お母さん一生懸命走るけど、遅いよ」
と謝っておきました。

スタート直後から
「お母さん、もっと速く」(やさしく)
とはっぱをかけられ続けました。

次第に
「お母さん、もっと速く」(きびしく)
「お母さん、もっと速く」(泣きそうな声で)

手を引っ張ってくれたり、後ろ向きで走って私を励ましたり。
応援の人たちも、私に同情のまなざし。
なんとか歩かず完走しましたが、しばらく起き上がれませんでした。

あとでタイムを見たら、この春ちびっこ健康マラソンにムスメが出たときの記録(同じ1500mでした)より、2分以上遅く、とほほ、でした。
ムスメよ、ごめん。

参加賞はカープ応援のタオル(庄原市バージョン)でした。
使うのが楽しみ^^♪
でもでも、ムスメと私、そろってカープに行くと毎回雨が降ります。
降水確率に関係なく。
昨シーズンは、激しい雷雨で試合中断になったのが2回。
今シーズン一回行ったときも、雨でした。
最近ムスメは「雨が降るから(カープに)行かん」といいます。
もっともです。
タオルを使う日が、来るかなあ?

ちなみにムスコだけ(彼は友達家族に連れて行ってもらう)なら、降りません。

縁あって、たかの温泉神之瀬湯のパンフレット作成をお手伝いしました。
一応完成し、温泉にも置いてもらってます。

でも、とっても気になってる事があるのです。
それは写真。
せっかくとってもいい温泉なのに、写真がぜんぜんイケてない。
加工修正技術がないため
薄暗い浴場に、枯れ木と曇り空がバックの外観・・・。

どこかに親切なカメラ小僧さまがいて、
写真を取り直してくれないかなあと思ってしまいます。
精米に行ったら、精米機の周りにすずめがいた。
餌をさがしているようなので、玄米をちょっと投げてやる。

最初は私が振り向くだけで数十メートル逃げていたすずめだが
だんだんなれて、玄米を投げると寄ってくるようになった。
どうやら親子らしい。

玄米を3粒くらい加えると、1メートルくらい後ろで待っている子すずめの所までちょんちょん飛んで行って、口移しで食べさせる。
またちょんちょん戻ってきて、米をついばんで子すずめの所へ・・・。

子すずめは親よりひとまわり小さく、茶色の模様が薄ぼんやりして、なんだかぷわぷわしてかわいかった。
米を親が噛み砕いている様子はなく、そのまま食べさせてた。
でもまだ子すずめには、自分で地面の餌をついばむことができないのね。
わたしなら「あんたもう一人で食べれるじゃろ」と言いそうなところだが、親すずめは甲斐甲斐しく餌を運ぶのであった。
えらいな~。
今日でバイトが終了しました。
ほっ。

最終日の挨拶を同僚の方々にすると、みんな口をそろえて
「で、次は?」
とお聞きになります。
いや、次は勘弁してください。
次のお誘いが、なかったわけではないけれど、
プーに戻っちゃ、だめですか?

今回のは短期間お気楽コースのバイトで評価も成果も不要だったけど、
次はそうはいかないだろうし、
短期じゃないとなると雪道の通勤も避けて通れないだろうし。

というわけで、プー生活、復活です。
今朝の夫婦の会話

夫「夕べは久しぶりに夢をみたよ」
私「もしかして、なんか叫んでた?!」
夫「うん、家の南側の二階の窓から、スパイダーマンみたいに泥棒が入って来てるから『どろぼうだ!どろぼうだ!』って叫んだ。そしたら、takaちゃんに『どろぼうはおらんよ』って言われた^^;」
私「なんか、すっごいうるさかったのだけ覚えてるよ・・・」

夫の夢は台詞付きの事がよくある。
台詞のみならず、身振り付だったりもする。

・夫の昔の夢その1
二人でいるところに悪者がやってきたので、愛する妻を助けるためにパンチしてやっつけた。
(でも、おなかにパンチされたのは、助けられたはずの私でした。)

昨夜の夢といい、この夢といい、夫は夢の中ではヒーローになる傾向があるのか?!

・夫の昔の夢その2
子供をしかっていて、頭突きをした。
(やっぱり、頭突きをされたのは、私。それも頭を両手で固定されて逃げられませんでした。)

そうでもないな。

寝言って、聞いたときすっごく面白いと思っても、朝になるといつもすっかり忘れてしまってます。自分も寝ぼけてるもんね。
ババケムシの行進はそろそろ終わりに近づいたようです。

現在高野町では各地で田植えが進行中。
水を張った田圃がきらきら輝いてとってもきれいです。

それから高野町の山もやっと春らしい色になってきました。
まだ白っぽい新芽の色です。
もう少し春が深まって、黄緑色になった頃が私好みです。

普段は4人家族の我が家ですが、現在義妹家族が同居中で5月中は7人家族です。1歳5ヶ月の甥っ子もいて、なかなか賑やかで楽しいです。
週3日はなれないバイト(バイトは3日でも準備もある)&7人家族の主婦、と「新聞を1ページも読まないままに日々が過ぎていく位忙しい!」と自分では思っていました。

が、昨夜夢をみました。
そして自分ののんびりした暮らしをしみじみ実感したのでした。

夢の中で、私は次々と芽吹く新緑に感動しています。
あ、この木も!
あ、あの木もきれい!
あ?これは栗の木だ。んんん?なんで緑の栗のイガまである!?
変だぞ~。夢かな?夢だ!

勤めていた頃は、仕事の夢がほとんどでした。
・プログラム(登場人物がif文の中に組み込まれてた^^;)
・DB設計
・講習会のテキストが当日になって足りなくてあわてる
・講習会の日に子供が熱で休んだんだけど、昼ごろになって職場に連絡してない事に気づいてあわてる
などなど。

そのとき気になってる仕事が夢にも出て来てたんだけど、夕べは、「木々の芽吹き」でした~。
忙しくって精一杯!と思ってたけど、その忙しいことはぜんぜん夢には出てこなくって、私って、今平和なんだなぁとしみじみしました。



窓のカエルはあれ以来見ません。
けれど夜窓をあけると、びっくりする大音量でカエル達が鳴いています。

道路はただいま毛虫の行進中です。
車で走る時はよけ切れないので、大量殺虫してしまいます。
大量の毛虫だけれど、みんな同じ種類みたいに見えます。
茶色の毛がモコモコ。
あれは、どんな蛾になるのかしら?
(蝶ではない気がする。気がするだけだけど)


調べてみた。
「ヒトリガ科」の幼虫らしい。
ババケムシとかクマケムシとも言うらしい。
成虫はなかなか毒々しい蛾だった。


参考にさせてもらったサイト「晶子のお庭は虫づくし」
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/1915/index.html

とっても充実したページだったので、年配の方の作成だろうと思ったら
なんと中学生だった!
すごいね!

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。