高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋が深まり、高野りんご、どんどん美味しくなってます。

10月は種類も豊富で、早生ふじ系統の美味しいりんごが目白押しです。

コドモタチの食べる量も去年より更に増しています。
朝3個、おやつに2個、夕食後2個
家族で1日合計7個も食べることも。

買っても買っても追いつかないぜ。
というわけで、今週もりんごの会、企画しました。
7口(7千円分)の参加があったので、千円のを7袋買って来て
7人で分けました。

第3回 10.10
大坂りんご園:はつあき,レッドゴールド,スターキングデリシャス
フルーツファーム東舎:昂林(こうりん)
青才(竜二)りんご園:涼香の季節(りょうかのきせつ),秋茜(あきあかね),ジョナゴールド
白根果樹園:シナノスイート,トキ
田中(勇)りんご園:ゴールデンデリシャス



でもね、土曜に買って来たりんご、
明日(火曜)に配るりんごの会のメンバーもいるくらいなのに
我が家の在庫はもう3個。

週1回のりんごの会で買う千円分のりんごでは1週間とても持ちそうにありません。
明日は何を買いに行こうかな。

歯ごたえが良く、果汁の多いのが我が家で人気です。
甘ければなお良し。

シナノスイートか涼香の季節にしようかな?

スポンサーサイト
高野のりんご園ではりんごの他にも
ぶどうやプルーン、洋梨を作っておいでのところがあります。

ぶどうは今年、豊作のようです。
ピオーネや巨峰のとてもりっぱなふさが産直市よりも低価格で売られています。
とってもおすすめです。
試食もできるので甘さを確かめて買うことができました。
於:青才(竜二)りんご園さん


プルーンといえば種を抜いて干したドライフルーツにしか普段は縁がないのですが
生のプルーンは酸味もありますが甘味もしっかりしていて食べ応え充分、美味しかった!
りんごを買いに行った時、収穫したてのを食べさせてもらいました♪
於:大坂りんご園さん


洋梨もとっても安いです。
高級品という気がしていたのですが大きな実が袋入りで売られているのを
毎年買っています。
於:横谷(康幸)りんご園さん


どれもこれも食べたいけれど、
この時期りんごを食べるだけでとっても忙しいので(沢山の種類を制覇したい♪)
なかなか沢山は食べらないのが悩みです。



今年もりんごの季節が始まりました。
大豊作だった昨年とは反対に、猛暑の今年、高野りんごは不作のようです。
ヒヨドリやカラスの害、カメムシの害、暑さのための実りの遅れなど。
例年よりも収穫が10日くらい遅れている品種が多く、更に収量も減っているようです。


昨年は9月の初めから早生品種が少しずつ始まり、
9月半ばからは途切れることなく次々と収穫がありました。
けれど今年は早生品種ほど暑さの被害を受けたようで
早生のさんさ、つがるは作っているのに売り物がほとんどない
という農家さんが多くあったようです。

今年は農業の厳しさを目の当たりにしています。


10月に入り、ようやく次の品種が売られるようになって来ました。
だから、今年も始めました。
高野りんごの会。

職場やご近所で仲間を募り、色々な種類のりんごを分け合っています。
一口千円で集まった口数分のりんごを買ってきて、
全ての種類が入るよう詰め替えて配布します。
それぞれのりんごに番号シールを貼って、今回のりんごの一覧表をつけて
どれがどのりんごかわかるようにしています。

今年はもう、3年目になりました。

第1回 10.2
青才(竜二)りんご園:紅将軍
田中(勇)りんご園:昂林(こうりん),ひめかみ
青才(光紀)りんご園:涼香の季節(りょうかのきせつ)
長曽(英樹)りんご園:ひめかみ
長妻(光則)りんご園:千秋(せんしゅう)
横谷(康幸)りんご園:トキ,紅月(こうげつ),ひめかみ

第2回 10.4
大坂りんご園:はつあき
青才(竜二)りんご園:秋茜(あきあかね)
青才(光紀)りんご園:昂林(こうりん)
島津りんご園:北紅(きたくれない)
田辺りんご園:つがる
長妻(光則)りんご園:高嶺(たかね)
横谷(康幸)りんご園:トキ

第1回と第2回が続けざまに開催されているのは
本当は一度の予定だったところ、参加が沢山すぎて一度に買うのが大変だったから^^;


なかなか厳しい作柄の今年ではありますが
りんご農家さんにお話を聞きながら、おいしいりんごをお届けできるようがんばります♪


お近くにお住まいでりんごの会に参加したい方がありましたら
どうぞ連絡くださいませ。
高野りんごで作ったワインを飲みました。

しばらく前にいただいたのですが、
夫婦そろってお酒に弱く飲むチャンスを計っていました。

弱いというレベルを越えて、オットはほぼ、飲みません。
ワタシもワインならグラス1杯~1杯半で満足。
なので、たったの360mlのワインですが
誰か助けを呼ばねば開けられなかったのです^^;

飲んでみて・・・
お酒に詳しくないのでコメントするのは自信がないのですが
すっきりとした、飲みやすいワインでした。
多分、甘口ではないような。
とても美味しく、いただきました。

高野からのお土産を持って行きたいとき
新鮮なりんごがあるときはいいのですが
他のシーズンはけっこう困ります。
今度はこのワインを持って行くのもいいなあと思いました。

横谷りんご園さんのりんごを使って、大鬼谷キャンプ場の企画で
岡山の方で作られたワインだそうです。
720ml 1200円
360ml  700円

高野りんご、今週はとうとうふじが登場しました。
いよいよりんごの季節も終盤に入った感じです。

しばらくりんごの記事を書きませんでしたが
りんごの会は順調に続けていました。

第7回 10.22
ハックナイン
陸奥(むつ)
赤城(あかぎ)
清明(せいめい)
陽光(ようこう)
紅太郎(こうたろう)
シナノスイート
北斗(ほくと)

第8回 10.30
ぐんま名月
清明(せいめい)
陸奥(むつ)
王林(おうりん)
陽光(ようこう)
恵(めぐみ)
新世界(しんせかい)

第9回 11.7
あいかの香り
ふじ
シナノゴールド
王林(おうりん)
彩来(さいらい)
陽光(ようこう)
北斗(ほくと)



10月下旬からのりんごで、ワタシが特に好きだったのは「ぐんま名月」です。

見た目は緑だったり、緑と赤だったり。
緑と赤がまじっているのは、白雪姫に出てくるりんごみたいです。
(半分だけ赤いりんごが本当にあるとは!)
緑とあわい赤のまじったりんごはとてもかわいらしくて、美味しそうです。
白雪姫がうっかり食べてしまうのも無理はない?

お味は、ジューシーで、甘味が強く、酸味もあります。
切った時に蜜が入っているのも美味しそうに見えて嬉しいです。

ところがこのぐんま名月、りんご農家さん泣かせなことがあるんですって。
蜜が入っていてぎっしり重そうに見えるのになぜか軽いりんごで
同じ2キロでも、他のりんごより2玉くらい多くなることもあるそうです。

消費者には嬉しいことですけどね^^



広島ブログ

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。