高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪合戦スタート

今日は広島県雪合戦大会1日目で、大人の試合の予選とジュニアの部(こちらは決勝まで)がありました。

全身UNIQLOヒートテック&スキーウエア。
足はソックス2枚履きで、間に靴下用カイロ上下貼り。
おなかと背中にも貼るカイロ。
毛糸の帽子に毛糸の手袋。
全身フル装備で挑みましたが、最高気温がやっと0度で雪の降る寒い1日でした。
ついつい「さむ~」ってつぶやいちゃうような。



「雪合戦って何?子供の遊びじゃないの?」という方はこちらを。
試合で使う雪球を作る様子はこちらを。

昨年まではムスコがスポ少の雪合戦部に入っていましたが今年は卒業。
(中学生はもう大人の仲間入りです)
入れ替わりでムスメが小学校の有志チームで出場しました。
出場といっても一度にコートに立てるのは1チーム7人なのに
我がチームは13人の大所帯だったので
おちびのムスメはバックス(玉を送る役)として交代しながらちょっぴりだけの出場でした。

コドモが試合に出ていると
「あたってしまう(アウトになってしまう)のではないか?」
「もしかしたら失敗して自分のチームのメンバにあててしまうのではないか?」
と心配が尽きません。
心臓がキューっとなる感じです。
だからムスメの出番が少ないのは、ちょっと、いやかなり、気楽でした^^;


結果は準優勝でした♪
6年生4人が上手に声をかけあって、良い試合をしました。


優勝は島根県から参加の「あさひスポーツクラブ」さん。
これは大人でとっても強い「チーム木漏れ日」さんがある町からの参加と思います。
しっかりした戦法&強くてコントロールの良い球を持ったとっても良いチームでした。
特にフォワードの女の子がかっこよかった!

うちのチームも良い素質をもったメンバだったのですが、練習量の差が出たかな。




明日は大会2日目。
今日よりずっと賑やかで、仮装したチームが沢山来られたり
子供向けのイベントなども催されます。
最後にはもちまき&抽選会もあるしね。
行かねば!

天気予報では明日は晴れて気温も上がるそうなので寒くはなさそうです。※注
(TSSの高野予想最高気温は6度!)
日に焼けそうかな。




※注
「寒くはなさそう」というのはあくまでも「高野基準で」です。
他所からお越しの方は覚悟して来てください。
今日は街から来られたらしい軽装で寒そうな若者を多数見ました。




広島ブログ
スポンサーサイト
1/31~2/1は高野町で雪合戦の広島県大会がありました。
第12回です。

ムスコはジュニア部門に3回目で最後の出場となりました。
結果は・・・ムスコたちは優勝&準優勝♪
今年は高野招待試合、全国大会、そして県大会の全てに優勝したことになります。
3つとも、というのは初めてでは?
雪合戦

雪合戦観戦も3シーズン目になり、一層試合を楽しめるようになりました。
しかし、保護者としての雪玉製造&応援が忙しくて
他のチームの試合をゆっくり見る暇がなかったのが残念です。


ところで県大会では、衣装に工夫を凝らしたチームがあって楽しめます。
(そういう部門の表彰もあるので)

寒空の下で毎年県大会を盛り上げてくださる「塩焼を盛り上げる会」のみなさん
塩焼を盛り上げる会

雪の上のポニョになっているのは「バモラ」のみなさん
バモラ
「どうやって玉を投げるんだろう?」
と思っていたらポニョの子供達も
「おとうさんっどうやって投げるの?」
って聞いてる様子が必死で、笑っちゃいました。

ドレスもポニョも入場行進のときだけで、試合は普通の格好でされたみたいです。


今日は高野町の雪合戦大会でした。
町内雪合戦
ムスコが小学生部門に出場です。
小学校の行事として参加するので今日はおべんとうを持って登校しました。

普段練習している雪合戦部として出場するのではなく
小学校の縦割り班(4年生から6年生までの混成チーム)です。
だから、雪合戦部のチームとは違うポジションでみんなが活躍していて新鮮でした。

ムスコも普段はバックス(後方で玉送りをする役目)ですが
フォワード(前衛で攻撃する役目。後方より当てられやすい)になっていて
見ていてドキドキです。
度胸はあるので、もう少しコントロールが良ければ
ヒーローになれるかもしれないんだけどなぁ・・・

ムスコのチームは先生が監督でした。
保護者監督に比べると先生方は雪合戦の経験が浅いので
どうしても指示が多くは出せません。
だから先生が監督されているチームでは
プレイしている子どもが自分達で声を掛けあって試合を組み立てる場面が多くありました。
ムスコも積極的に声を出していたので嬉しく思いました。

1月11日(日)に長野市飯綱高原で開催された小学生の雪合戦全国、無事に行って来ました。
雪合戦

高野からは2チーム参加して
優勝と3位という大満足の結果にみんなニコニコでした。
準決勝で高野同士の対戦となったので
残念ながら優勝&準優勝とはなりませんでしたが。

2チームともとてもよい試合内容で
保護者仲間で「うまくなったねぇ」と何度も話してしまいました。
親バカですかね。


長野は寒かった(1日中氷点下だったと思う)けれど
雪はそれほど多くなく(20センチ程度)
道路の除雪もしっかりしてあり、移動は思ったより楽でした。


一方の高野。

出発の前夜から大雪となり、出発当日は40センチくらいの新雪で道路が覆われていました。
公民館に朝7時集合と早朝だったため、幹線道路の除雪も始まったばかりで
我が家の前はもちろん未除雪です。
吹雪で、まだ真っ暗でした。

レガシィのライトぎりぎりの深さの新雪を押しのけ吹き上げながら祈るような気持ちで出発しました。
おまけに普段は道路と両脇の田んぼには1メートルくらいの段差があるはずなのに
吹き溜まった雪でどこが道路か判らない ToT
もちろん運転はオットでしたが、スリップしながら道なき道を走るクルマは
今まで乗ったどんなジェットコースターより恐ろしゅうございました。

果たして全員集合できるのかと心配しましたが
ちょっぴり集合時間に遅れる人があっただけで
(ライトも見えないくらいの吹き溜まりの中、軽トラを運転してきたらしい!)
予定より5分遅れで出発しました。

長野に行っている間も高野は雪がドンドン降り
1メートルくらいの積雪になったという連絡にみんなどんよりでした。
公民館に何台かクルマを置いたままだったので、
「帰ったらクルマを掘り出さんといけんよ・・・
スコップも車の中だけど、出せるのかねぇ?」
と心配していましたが、
なんと!高野に残っている保護者さん達が事前にクルマを掘り出しておいて下さったのです♪
「クルマは何台ある?
雪が多すぎて、なんとなくもっこりした所はあるけどぜんぜん判らん!」
と問い合わせがありました^^;
どんな雪じゃ~!?
お陰で12日未明(3時過ぎ)に帰ったけれど、
みんな直ぐにクルマに乗ることが出来ました。
雪かきしてくださった皆様、どうもありがと~♪


バスで片道12時間弱かけての長旅だったので
人生で初めて!っていうくらい沢山映画を見ました。
しかし、肝心なところで寝てしまったものも何本かあります^^;
今日は小学生雪合戦全国大会前の最後の練習日でした。
12月は室内での練習でしたが、昨日と今日(なんと2連チャン!)は
外で本当の雪を使ってやりました。

ムスコの雪合戦も3シーズン目ですが
外で試合はしたことがあっても練習は初めてでした。

体育館での練習はボールを使うので雪玉作りも要らないし、コート作りも不要です。
しかし、外での練習はまずコート作りが必要!でした。
もちろんたっぷりの雪玉作りも必要ですが。

町内のテニスコートを借りて雪合戦のコートに変身させます。
というか、冬季は雪が積もってテニスは出来ないので
雪合戦のコートに作り変えて、そこを町内の雪合戦チームがみんなで使うようです。

練習に先立ち、1月4日にコート作りをしました。

で、どうやってコートを作るかというと・・・
ふんわり積もった雪をひたすらフミフミフミ・・・
人海戦術でフミフミフミ・・・
ワタシの膝位まで雪があったのでカニ歩きではフミフミできず
腿上げのように足を高く上げないといけません^^;

雪合戦コート作り

幸い除雪機を借りることが出来たので
除雪機で除雪はせずに、フミフミフミ・・・
これで随分楽になりました。

雪合戦コート作り全景

でもこんなに広いんです。
コートの枠線を決めるためには土木工事現場で見かける測量の機械も登場です!

フミフミフミに、かな~りくたびれて、コート完成写真は撮るのを忘れちゃいました^^;

たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。