高野便り

広島県の北海道と名づけたい高野町。 広島市から移住した私のカルチャーショックの記録です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この夏のNYへの旅では、動物園にも行きました。

ブロンクス動物園という、アメリカ最大の動物園です。
もうね、大きいです。
大きすぎ。

どんなって、一つ一つの動物が飼育されているエリアが広すぎて
運が良くないと動物が見えないくらいです。

キリン
このときは、ラッキーなことにキリンの姿が見えました。(かなりズームで撮っています)
たまたま林の中から出てきてくれたから見えたけれど
出てこなければただの草地を見るだけになります。

実際
「ここは○○の場所だけど、見えないね・・・」
とあきらめた場所多数です。

見えてもじっくり間近に観察すると言うよりは動物探しクイズみたいでした。
「あっ。いたよ!」
「え?どこどこ?」
「あの白い岩の斜め下」
「ん~?あ、わかった!」

飼育されている動物にとってはとてもよい環境と思いますが
見て歩くには動物園そのものが広大だし
一つの動物の区画もとても大きいので動物が見えたり見えなかったりで
見に行く人間にとっては過酷でした。


いっぱい間近に見る事ができたのはクジャク。
クジャク
なぜかクジャクは園内で放し飼いのようでした。



他にも放し飼いの動物がいました。
いや放し飼いというよりは、勝手に生きている動物と言ったほうがいいのかも。
リス
リスです。



リスは、ブロンクス動物園だけでなくNYの色んな所で見ました。
友人宅の庭にもいました。

日本でいうとカラスのように、というのか
高野町のタヌキのように、というのか
NYのリスは勝手に生息しているのでした。


広島ブログ

スポンサーサイト
建物だけではありません。

食べ物だって、大きいよ。
メトロポリタン美術館のサンドイッチ
地下のカフェテリアのサンドイッチです。

具はとっても美味しかったけど、
パンがぼそぼそで・・・残念でした。


広島ブログ

NYではもちろん、メトロポリタン美術館にも行きました。
午前中から入って、館内でお昼を食べて、午後もしっかり見学しました。

メトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館はとにかく広くて、疲れました。
この夏の旅ではとにかく沢山歩きましたがメトロポリタン美術館がダントツです。
コドモタチも「メトロポリタン美術館が一番しんどかった」と口をそろえます^^;
どんなに広いって、こんな感じ。

とにかく広いし、順路の矢印なんてないので
隣り合っているどの部屋を見て、どの部屋を見てないのか、すっかり混乱するし
全く足を踏み入れることが出来なかったジャンルもたくさんありました。

「美術の教科書で見たような・・・」
と思うと四角い部屋を丸く見るのは惜しい気がして(最後の頃は丸く見ましたけどね)
とにかく歩きました。

コドモタチも、図工の教科書に載っている絵を見つけて
知っている絵の本物と言うのはやはり嬉しいらしく
一緒に記念撮影をしてました。
(フラッシュなしなら撮影OK♪)



ワタシが面白かったのは日本の武具甲冑コーナー。
美術品としては、日本の博物館に展示されているものの方がずっと
格上という気がしましたが、
一つ一つの展示品の説明(英語)が面白い!

獅子の絵にlion danceってありました。
確かに、ライオンが踊っている、かな?



展示作品の模写をしている人達を見ました。
メトロポリタン美術館写生
イーゼルを立てて模写するのは、自由にはできないはずなので
美術館が主催するイベントなのでしょうね。
皆さんすごく上手で、本物そっくりでした。
模写の周りは人だかりが出来ていたので模写中の絵が、一番鑑賞されていたかも^^;





このメトロポリタン美術館の入場料金は大人1人20ドルですが、
これは「希望金額」なのです。

誰の希望かというと、美術館を運営する方の、希望。
だから払うのは1ドルでもOKだそうです。

ということで、チケット売り場ではこちらが人数を伝えると
「いくら払いますか?」(もう少し丁寧な言い回しだったかも)
って聞かれました。

入場料が設定されていなくて、寄付を募っているロンドンの大英博物館と通じるところがありますよね。





ところで、メトロポリタン美術館って行ったことないのにその名に親近感を覚えると思ったら
大貫妙子さんの「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」だ!
我が家の子供達は、きっつい香りの洗剤が好きです。
カナダから義妹家族が帰ってくると荷物がカナダの洗剤の香りなので
クンクンしてうっとりしてます。

ムスメは特に雑貨屋さんなどにおいてあるダウニーが大好きです。

そこでこの夏、NYで大きなダウニーを買って帰りました。
もちろん、重かったです。




ところが!
帰国してみたら、行きつけのスーパーにダウニーが特売品として売られているではありませんか?!
楽天でも大安売りだし。

どうしたんだっダウニーっ
私達がNYに行ってた約1ヶ月の間にすっかり値崩れしちゃって。



ダウニーが安く手に入るようになったのは嬉しいけれど
せめて、買って帰ったダウニーがなくなるまで、待って欲しかったな。


広島ブログ


NYで近代美術館(MoMA)に行きました。

「美術の教科書にあったような」作品を沢山見ましたが
一番感動したのはミュージアムショップでした。

ミュージアムショップには、展示品に関連した商品だけでなく、
近代美術として美しいと判定されたらしい日用品が沢山売られていました。

その中に、日本の商品がとてもたくさんあったのです。
ちょっと嬉しくなりました。

MOMAのおみやげ1

MUJIのNYグッズです。
マンハッタンの地図のハンカチと自由の女神の人形。

MOMAのおみやげ2

midoriだったかしら?
ひよこの形の修正テープとぞうさんの形のクリップ。

MOMAのおみやげ3

これも多分midori
消しゴムのバランスゲーム。

MOMAのおみやげ4

これは我が家にもある!
ブタの顔の落し蓋。
(あっ。これは日本製かどうかわからないです。
ワタシはアフタヌーンティで購入しました)

ただしこれ、売ってるときは美しい白ですが
使っているうちに茶色の煮しめのような色になりました。
最初はがんばって漂白などしてみましたが
そのうちすっかりあきらめて茶色のまま使っています。

MOMAのおみやげ5

これも我が家にある!(ムスメが使ってたような?)
カドケシです。
これはMoMAのロゴ入りだ!
角が沢山あるから細かい所を消しやすい消しゴムなんだそうです。
(でも、ちょっと力を入れすぎるとぼろぼろ崩れそう?)



当然ながら日本より多少割高に、売られていました。





MoMAの展示品より
フランスパン?

ん?
頭にのっているのはフランスパンかい?
髪はとうもろこしだな。
おでこにある点々は・・・?

あり!

うっきゃ~っ
あり!



なんかね、ワタシの理解を越えたものが沢山ありました。



たかこ

Author:たかこ
たかの たかこ
家族は夫、中学生の息子と小学生の娘。
広島県庄原市高野町は夫の生地で標高550m。
2006年夏の終わりに移住。
薪ストーブEncore Everburn使ってます。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。